アスクプロ株式会社相談窓口案内サービス、日本法規情報

相談サポート通信

「ストーカー加害者は知人」が6割強 ストーカー被害者に聞いた『ストーカーの実態』

一覧にもどる

日本法規情報株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役 今村 愼太郎)(http://www.nlinfo.co.jp/)は、インターネットアンケートを実施し、「ストーカーに関するアンケート調査」について発表しました。(日本法規情報株式会社では定期的に法律関連の話題に対して意識調査を行い発表しております)

 ストーカーとは、特定の他者に対して執拗に付き纏う行為を行う人間のことをいいます。日本でもストーカー規制法が2000年(平成12年)に制定され、また地方自治体でもストーカー行為を刑事罰に規定した迷惑防止条例が制定される例も出てきましたが、未だにストーカーによる被害に苦しむ人々の数は増える一方です。

 なかには、元交際相手からストーカー行為の末に殺される残虐な事件に発展してしまうケースもあります。 警視庁の統計によれば、被害者は二十歳代が多く、三十歳代、四十歳代、五十歳代と減少するとしています。また、加害者の年齢は、二十歳代と三十歳代がほぼ同じで、五十歳代以上がこれに次いで多いとされています。

 そこで、このストーカー被害の実態についてアンケートを行いました。

 

「ストーカー加害者は知人だった」が6

image001

 まず、ストーカー被害に遭ったことがある人に対して、そのストーカーの加害者が元々知り合いであったか尋ねました。アンケート調査の結果「知人である」が61%、「知り合いではない」と回答した人が39%という結果となりました。

 ストーカーの加害者は、元々交際していたか、または交際していなくても職場での同僚であった場合や、友人関係にあった場合等、面識のある関係であったケースが多い結果となりました。

 

主なストーカー行為は「つきまとい、待ち伏せ、無言電話」が過半数を占める

次に、ストーカー被害に遭った人々を対象に具体的にどのようなストーカー行為をされたかについてアンケートを行いました。

image002

 アンケート調査の結果、「つきまとい、待ち伏せ、押しかける等」と回答した人が38%、「無言電話、連続した電話をかけてきたり、FAXを送りつけたりしてくる」と回答した人が17%、「面会・交際を強制される」が15%、「乱暴な言動」が9%、「監視していると言われる」が8%、「中傷する内容の文章を送る」が6%、「電話や手紙で卑猥な言葉を使う」が5%、「わいせつな写真を送りつけてくる」が2%という結果となりました。

 

ストーカーに関する相談は、警察より先に弁護士にするのが効果的な場合も。

 ストーカー被害については、警察に相談される方も多いと思いますが、警察に相談しても漠然とした相談内容であれば、取り合ってもらえずに終わってしまうことも少なくありません。

 そのような場合は、先に弁護士に介入してもらって相手と交渉を行うことも有効な場合があります。弁護士であれば、代理人としてストーカー行為の加害者に警告の意思を記載した内容証明を送ることができます。この内容証明により、ストーカー行為がストップするケースも多々ありますし、接近禁止などの仮処分を裁判所に申し立てることも出来ます。さらに、ストーカー行為が犯罪行為にまで及んでいるときには刑事告訴という手段をとることも出来るのです。

 また、弁護士が介入しこれらの手段をとることによって、以前はアクションを起こしてくれなかった警察も何らかのアクションを起こしてくれる可能性が高くなります。例えば「裁判所からの仮処分命令がある」といえば、相談内容が具体的になり警察としてもアクションを起こしやすくなりますし、刑事告訴をして、その告訴を受理すれば刑事事件としてストーカー事件を扱うようになるのです。

 知人やご家族に相談しても解決しないストーカー行為は、早めに専門家に相談することをお勧めします。

 

有効回答数:620名(男性:263人 女性:364人)
アンケート期間:2014-01-31~2014-02-02(3日間)

 

 

■日本法規情報株式会社について

日本法規情報株式会社は、「どこに相談したら良いか“わからない”を“わかる”に変える」をコンセプトに、様々な相談を解決できる相談パートナーと悩みを抱える相談者の両者を結ぶ接点となるサービスをご提供しております。全国約1000の相談パートナーと月間約1万件の対応実績を持ち多くの相談者の悩みの解決の一助となっております。  

 

■相談者調査レポート 関連サイト

 『法律事務所検索サポート』
https://www.soudan-form.com/houritsujimusho-support/
『弁護士事務所検索サポート』
https://www.soudan-form.com/bengoshijimusho-support/
『法律問題・法律手続き・法律相談サポート』
https://www.soudan-form.com/houritsu-support.net/
『司法書士事務所検索サポート』
https://www.soudan-form.com/shihosyoshi-search/
『行政書士事務所検索サポート』
https://www.soudan-form.com/gyoseishoshi-support/

 

■問い合わせ先

日本法規情報株式会社 Public Relation Team
http://www.nlinfo.co.jp/
pr@nlinfo.co.jp
03-5339-7500(代表)

SERVICE CATEGORY相談ジャンル

家庭・離婚

家庭・離婚

DVや家庭内暴力、離婚調停、離婚裁判、親権を得たい、といったご相談を取り扱っております。

金銭トラブル

金銭トラブル

金銭トラブル、債務整理、自己破産、過払い金請求など、金銭トラブルに関するご相談を取り扱っております。

詐欺被害

詐欺被害

悪徳商法に遭ってしまった場合や、クーリングオフなど、詐欺被害に関するご相談を取り扱っております。

不動産

不動産

敷金返還請求や不動産トラブル、任意売却、不動産登記など、不動産に関するご相談を取り扱っております。

相続

相続

相続税・贈与税、成年後見制度、遺言書の作成、不動産相続など、相続に関するご相談を取り扱っております。

保険・資産

保険・資産

年金のご相談や資産形成、節税などの税金対策、保険加入など、保険・資産に関するご相談を取り扱っております。

個人の労働問題・トラブル

個人の労働問題・トラブル

労働環境に関するトラブル、残業代請求など、個人の労働問題・トラブルに関するご相談を取り扱っております。

個人の税金相談

個人の税金相談

高額医療に関する控除、確定申告、電子申告の活用など、税金に関するご相談を取り扱っております。

刑事事件

刑事事件

告訴や告発、起訴前弁護、保釈、身柄解放などの刑事事件に関するご相談を取り扱っております。

トラブル・申請・法律相談

トラブル・申請・法律相談

身近な法律問題、ビザ取得、交通事故示談、医療ミスなど、法律問題全般のご相談を取り扱っております。

高齢者向け

高齢者向け

老後の資産運用やシニアライフ、相続や遺言手続き、成年後見制度など、高齢者向けのご相談を取り扱っております。

経営課題

経営課題

株式上場や経営改革、M&A、事業譲渡や倒産処理など、経営に関するご相談を取り扱っております。

行政手続き

行政手続き

各種許認可の申請や手続き、車庫証明取得、ビザ取得など、行政手続きに関するご相談を取り扱っております。

契約書

契約書

取引契約書の確認や企業間契約書の作成、契約トラブルなど、契約書に関するご相談を取り扱っております。

登記・申請・許可

登記・申請・許可

会社設立、会社登記、特許取得、補助金申請など、各種登記・申請・許可に関するご相談を取り扱っております。

企業紛争

企業紛争

企業訴訟や税務訴訟、個人情報漏えい、債権回収など、企業紛争に関するご相談を取り扱っております。

税務業務

税務業務

決算処理や記帳代行、給与計算、節税や企業資産税など、税務に関するご相談を取り扱っております。

企業の労務

企業の労務

人事や社会保険削減、労働訴訟、年末調整など、企業労務に関するご相談を取り扱っております。

一覧を見る

※当サイトのご利用にあたって

当サイトはアスクプロ株式会社(以下「当社」といいます。)が運営しております。当サイトに掲載の紹介文、プロフィールなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。また、当サイトのコンテンツを利用された場合、以下の免責事項に同意したものとみなします。

  1. 当サイトには一般的な法律知識や事例に関する情報を掲載しておりますが、これらの掲載情報は制作時点において、一般的な情報提供を目的としたものであり、法律的なアドバイスや個別の事例への適用を行うものではありません。
  2. 当社は、当サイトの情報の正確性の確保、最新情報への更新などに努めておりますが、当サイトの情報内容の正確性についていかなる保証も一切致しません。当サイトの利用により利用者に何らかの損害が生じても、当社の故意又は重過失による場合を除き、当社として一切の責任を負いません。情報の利用については利用者が一切の責任を負うこととします。
  3. 当サイトの情報は、予告なしに変更されることがあります。変更によって利用者に何らかの損害が生じても、当社の故意又は重過失による場合を除き、当社として一切の責任を負いません。
  4. 当サイトに記載の情報、記事、寄稿文・プロフィールなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
  5. 当サイトにおいて不適切な情報や誤った情報を見つけた場合には、お手数ですが、当社のお問い合わせ窓口まで情報をご提供いただけると幸いです。