日本法規情報 株式会社相談窓口案内サービス、日本法規情報

相談サポート通信

離婚したいけどなかなか踏み出せない

一覧にもどる

 夫婦間には、小さいものから大きいものまでを含め、あらゆる問題が存在してしまうものです。
 例えば、配偶者どちらかの浪費癖がひどく、金銭的価値観が合わない。家庭を大事にしてくれない。暴力を振るわれる。浮気をされてしまった、などなど…。
 このように、理由は様々ですが、非常に多くの方が夫婦関係について悩みを抱えてしまっている現状があるのです。
 多くの人が悩んでいるのですから、問題を抱えていることは決して恥ずかしいことではありません。むしろ、お悩みを抱えたまま夫婦関係を継続することは、貴方にとって大きな心理的負担となるでしょう。
 ご相談いただくことで、きっと貴方の精神的負担を少しでも軽くすることができるはずです。お悩みの場合はまず一度、私たちにご相談されてみてはいかがでしょうか?

協議離婚で話し合うべきことは?

 もし離婚に関してご相談いただくことができ、ご相談者様が離婚に向けて行動を起こされたとしましょう。実際に離婚を実行するためには、まず「協議離婚」を目指すことになります。
 法律では、夫婦の両者が離婚に合意すれば、離婚に至った理由の如何に関わらず、離婚することができると定められています。
 しかし、感情的になってすぐに離婚を成立させてしまってはいけません。離婚を決定するにあたって、夫婦間で話し合っておくべきこともあります。

 例えば、
・子供の親権者を誰にするか
・養育費を払うか
・財産分与はどのように行うか
・慰謝料は必要か
 このように、互いに後悔のない離婚をするためには、非常に多くの事柄を話し合っておく必要があるのです。
 そして、話し合いで決定した内容を「協議離婚書」として書面に残しておく必要もあります。トラブルが発生した時には間違いなく法的証拠となるよう、正確な文章を作成しておくことが不可欠です。

離婚が認められる離婚事由って?

 しかし、話し合ってもなお、貴方の配偶者が協議による離婚に応じてくれなかったとしましょう。その場合、裁判による離婚をする必要があります。
 この場合、相手の配偶者のどのような行為によって離婚が認められるのか、「離婚事由」を明らかにする必要があります。

 まず、大きな離婚事由となりうるのが、相手の「不貞行為」、つまり浮気です。しかし、浮気とはいえ、単にデートをした、食事に行った等のプラトニックな関係であれば、それは民法上の不貞行為には該当しません。あくまで、「自由意志で配偶者以外の異性と性的関係を持つ」ことが不貞行為と定められています。

 次に、「悪意の遺棄」と言う離婚事由についてご説明します。これは、配偶者が正当な理由なしに、他方の配偶者との同居を拒む、協力しないなどの場合を指しています。
 もし貴方の配偶者が、
・理由もないのに同居してくれない
・生活費を渡さない
・自分を家から追い出す、自分を虐待する
このような状態にある場合、立派な離婚事由となる可能性があります。
 しかし、「正当な理由なく」という部分が重要です。仕事で単身赴任した、怪我をして働けなくなり生活費が渡せない、などの場合は、この「悪意の遺棄」には該当しないでしょう。

 加えて、
・配偶者が3年以上、生死不明の状態であること
・重度の精神病を患い、回復の見込みがないこと
この2つの条件も、離婚事由となりうることを覚えておきましょう。

 また、上記以外の理由においても、それが「婚姻を継続し難い重大な事由」だと認められれば、それも離婚事由となり得ます。
 以下に、過去の裁判で実際に認められたケースをお伝えします。
・DV、モラルハラスメントを受けた
・中毒症状に陥った(アルコール、薬物etc)
・過度の浪費があった
・過度の宗教活動を行った
・犯罪により服役していた
 このように、それが結婚生活を継続できないほどの重大な事由だと認められれば、相手の有責によって離婚することができるのです。

まとめ

 上記いずれかの理由があれば、相手に対し、慰謝料を請求することが可能になります。今後の生活のために慰謝料を貰っておくということも、是非視野に入れてみてください。

SERVICE CATEGORY事業情報

家庭・離婚

家庭・離婚

DVや家庭内暴力、離婚調停、離婚裁判、親権を得たい、といったご相談を取り扱っております。

金銭トラブル

金銭トラブル

金銭トラブル、債務整理、自己破産、過払い金請求など、金銭トラブルに関するご相談を取り扱っております。

詐欺被害

詐欺被害

悪徳商法に遭ってしまった場合や、クーリングオフなど、詐欺被害に関するご相談を取り扱っております。

不動産

不動産

敷金返還請求や不動産トラブル、任意売却、不動産登記など、不動産に関するご相談を取り扱っております。

相続

相続

相続税・贈与税、成年後見制度、遺言書の作成、不動産相続など、相続に関するご相談を取り扱っております。

保険・資産

保険・資産

年金のご相談や資産形成、節税などの税金対策、保険加入など、保険・資産に関するご相談を取り扱っております。

個人の労働問題・トラブル

個人の労働問題・トラブル

労働環境に関するトラブル、残業代請求など、個人の労働問題・トラブルに関するご相談を取り扱っております。

個人の税金相談

個人の税金相談

高額医療に関する控除、確定申告、電子申告の活用など、税金に関するご相談を取り扱っております。

刑事事件

刑事事件

告訴や告発、起訴前弁護、保釈、身柄解放などの刑事事件に関するご相談を取り扱っております。

トラブル・申請・法律相談

トラブル・申請・法律相談

身近な法律問題、ビザ取得、交通事故示談、医療ミスなど、法律問題全般のご相談を取り扱っております。

高齢者向け

高齢者向け

老後の資産運用やシニアライフ、相続や遺言手続き、成年後見制度など、高齢者向けのご相談を取り扱っております。

経営課題

経営課題

株式上場や経営改革、M&A、事業譲渡や倒産処理など、経営に関するご相談を取り扱っております。

行政手続き

行政手続き

各種許認可の申請や手続き、車庫証明取得、ビザ取得など、行政手続きに関するご相談を取り扱っております。

契約書

契約書

取引契約書の確認や企業間契約書の作成、契約トラブルなど、契約書に関するご相談を取り扱っております。

登記・申請・許可

登記・申請・許可

会社設立、会社登記、特許取得、補助金申請など、各種登記・申請・許可に関するご相談を取り扱っております。

企業紛争

企業紛争

企業訴訟や税務訴訟、個人情報漏えい、債権回収など、企業紛争に関するご相談を取り扱っております。

税務業務

税務業務

決算処理や記帳代行、給与計算、節税や企業資産税など、税務に関するご相談を取り扱っております。

企業の労務

企業の労務

人事や社会保険削減、労働訴訟、年末調整など、企業労務に関するご相談を取り扱っております。

一覧を見る

※当サイトのご利用にあたって

当サイトは日本法規情報株式会社(以下「当社」といいます。)が運営しております。当サイトに掲載の紹介文、プロフィールなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。また、当サイトのコンテンツを利用された場合、以下の免責事項に同意したものとみなします。

  1. 当サイトには一般的な法律知識や事例に関する情報を掲載しておりますが、これらの掲載情報は制作時点において、一般的な情報提供を目的としたものであり、法律的なアドバイスや個別の事例への適用を行うものではありません。
  2. 当社は、当サイトの情報の正確性の確保、最新情報への更新などに努めておりますが、当サイトの情報内容の正確性についていかなる保証も一切致しません。当サイトの利用により利用者に何らかの損害が生じても、当社の故意又は重過失による場合を除き、当社として一切の責任を負いません。情報の利用については利用者が一切の責任を負うこととします。
  3. 当サイトの情報は、予告なしに変更されることがあります。変更によって利用者に何らかの損害が生じても、当社の故意又は重過失による場合を除き、当社として一切の責任を負いません。
  4. 当サイトに記載の情報、記事、寄稿文・プロフィールなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
  5. 当サイトにおいて不適切な情報や誤った情報を見つけた場合には、お手数ですが、当社のお問い合わせ窓口まで情報をご提供いただけると幸いです。