日本法規情報 株式会社相談窓口案内サービス、日本法規情報

相談サポート通信

相続税って自分には関係ないと思っているのですが・・・

一覧にもどる

 ドラマや映画の中の相続を見ると、「お金持ちならではの悩み」というイメージを抱くかもしれません。しかし、相続は一生のうちでだれもが一度は経験しうるものです。相続税に関しても、平成25年度の税制改定以降、相続税の課税対象割合はそれ以前の4.2%から6%程度になると試算されています。つまり、相続税の対象の幅が拡大されたことによって、これまで無縁だと考えていた人にとっても、相続税は他人ごとでは済まされなくなっているのです。

 いざ自分が相続にかかわるとき、相続税について元からよく知っているという人はそう多くないように思われます。しかし、焦ることはありません。ある程度の知識を持っておけば、落ち着いて対処することができるのです。

 今回は、そんな「相続税」という身近なテーマについて、簡単に説明していきます。

相続税が発生するケースとは?

 まず原則として、相続税は死亡した人から取得した財産全般にかかります。これには相続のほか、遺贈や死因贈与による財産が含まれています。この財産は現金のみにとどまらず、経済的価値のあるすべてのもの(預貯金、有価証券、宝石、土地、家屋、貸付金、特許権、著作権など)を指します。

 しかし、これらの財産を取得したすべての人が相続税の課税対象になるわけではありません。相続税は、定められた「基礎控除」の額を超える遺産がある場合にのみ発生するからです。つまり、遺産の総額がこの基礎控除額以下の場合は、相続税は一切かからないのです。

 具体的な基礎控除額は、法定相続人(特別の遺言や本人の破棄がない限り相続を受けることになる人)の人数に応じて変わります。現行では次の式の結果となります。

基礎控除額=3000万円+6000万円×法定相続人の数

 すなわち、基礎控除額は、法定相続人が1人のとき3600万円、2人のとき4200万円、3人のとき4800万円、4人のとき5400万円、5人のとき6000万円・・・となります。遺産の総額がこれ以下の場合は相続税は発生しません。

相続税の申告方法と締切期限

 相続財産の総額が基礎控除額を超える場合、相続人(相続によって財産を取得した人)は相続税の申告を行います。また、「配偶者に対する税額軽減」の特例を受ける場合も同様です。ただし、相続人が複数いる場合は別個に申告書を提出する必要はなく、1通の申告書に相続人全員が署名・押印しその下に各自の納税額を記載すればよいことになっています。

 相続税の納付は、相続人が申告に基づいて各自が個別に行えばよく、税務署のほか、最寄りの銀行や郵便局の窓口でも収めることができます。

 期限は、相続税の申告・納付ともに、被相続人が死亡した翌日から10か月とされています。例えば被相続人が1月10日に死亡した場合は、11月10日が申告・納付の期限となるということです。

 相続税の申告書は第1票から第15表続まで多くの様式があります。申告書の用紙は各税務署で受け取ることができます。さらに、申告書の記載方法のパンフレットも無料で配布されているので、それを利用してみるのもよいでしょう。

 相続税の申告書は煩雑なので、税理士などの専門家に依頼するという方法もあります。

相続税がどのくらいかかるかどうやったらわかるの?

 先ほどの説明の通り、相続税は、遺産の総額から基礎控除額を差し引いた分だけ課されます。この基礎控除額は法定相続人の数によって決まります。まずは、法定相続人の数を把握しましょう。亡くなった人に配偶者がいた場合、配偶者は常に法定相続人となります。この後の優先順位として、①子(死亡している場合は、さらにその子)、②子がいない場合は直系尊属(両親)、③両親もいなければ兄弟姉妹、となります。これに該当する人数が、法定相続人の数ということになるのです。

 それでは、基礎控除額の計算式をもう一度確認しましょう。

基礎控除額=3000万円+600万円×法定相続人の数

 これによって算出された基礎控除額を遺産の総額から差し引いて出てきた額が相続税の課税額です。控除額が遺産総額以上になったときは相続税はかからないことになります。

 細かい部分にはなりますが、基礎控除額の計算方法には例外もあります。たとえば、地価の高い都市部などでは、自宅の敷地だけで控除額を超えてしまう場合があります。この場合、手持ちの現金で相続税を払えなければ、土地を売却するほかありません。しかし、「最低限、住む場所は保護されるべきである」という考えから、配偶者や同居していた子どもなどが自宅を相続する場合、敷地の330㎡までの部分を80%引きの価額で計算してよいことになっているのです。

まとめ

 相続税の対象と申告方法、そして相続税額の算出方法は以上の通りです。ここまでの内容で、大まかな部分については理解していただけたことかと思います。

 しかしそれと同時に、今回ご紹介した部分はあくまでも基本的な知識であることも事実です。相続税額を最小限にするためには、利用できる制度や特例はできる限り利用する必要があるので、さらに詳しい部分も抑えなくてはなりません。弁護士や税理士のような専門家を活用して、意見を聴くなどするとよいでしょう。

SERVICE CATEGORY事業情報

家庭・離婚

家庭・離婚

DVや家庭内暴力、離婚調停、離婚裁判、親権を得たい、といったご相談を取り扱っております。

金銭トラブル

金銭トラブル

金銭トラブル、債務整理、自己破産、過払い金請求など、金銭トラブルに関するご相談を取り扱っております。

詐欺被害

詐欺被害

悪徳商法に遭ってしまった場合や、クーリングオフなど、詐欺被害に関するご相談を取り扱っております。

不動産

不動産

敷金返還請求や不動産トラブル、任意売却、不動産登記など、不動産に関するご相談を取り扱っております。

相続

相続

相続税・贈与税、成年後見制度、遺言書の作成、不動産相続など、相続に関するご相談を取り扱っております。

保険・資産

保険・資産

年金のご相談や資産形成、節税などの税金対策、保険加入など、保険・資産に関するご相談を取り扱っております。

個人の労働問題・トラブル

個人の労働問題・トラブル

労働環境に関するトラブル、残業代請求など、個人の労働問題・トラブルに関するご相談を取り扱っております。

個人の税金相談

個人の税金相談

高額医療に関する控除、確定申告、電子申告の活用など、税金に関するご相談を取り扱っております。

刑事事件

刑事事件

告訴や告発、起訴前弁護、保釈、身柄解放などの刑事事件に関するご相談を取り扱っております。

トラブル・申請・法律相談

トラブル・申請・法律相談

身近な法律問題、ビザ取得、交通事故示談、医療ミスなど、法律問題全般のご相談を取り扱っております。

高齢者向け

高齢者向け

老後の資産運用やシニアライフ、相続や遺言手続き、成年後見制度など、高齢者向けのご相談を取り扱っております。

経営課題

経営課題

株式上場や経営改革、M&A、事業譲渡や倒産処理など、経営に関するご相談を取り扱っております。

行政手続き

行政手続き

各種許認可の申請や手続き、車庫証明取得、ビザ取得など、行政手続きに関するご相談を取り扱っております。

契約書

契約書

取引契約書の確認や企業間契約書の作成、契約トラブルなど、契約書に関するご相談を取り扱っております。

登記・申請・許可

登記・申請・許可

会社設立、会社登記、特許取得、補助金申請など、各種登記・申請・許可に関するご相談を取り扱っております。

企業紛争

企業紛争

企業訴訟や税務訴訟、個人情報漏えい、債権回収など、企業紛争に関するご相談を取り扱っております。

税務業務

税務業務

決算処理や記帳代行、給与計算、節税や企業資産税など、税務に関するご相談を取り扱っております。

企業の労務

企業の労務

人事や社会保険削減、労働訴訟、年末調整など、企業労務に関するご相談を取り扱っております。

一覧を見る

※当サイトのご利用にあたって

当サイトは日本法規情報株式会社(以下「当社」といいます。)が運営しております。当サイトに掲載の紹介文、プロフィールなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。また、当サイトのコンテンツを利用された場合、以下の免責事項に同意したものとみなします。

  1. 当サイトには一般的な法律知識や事例に関する情報を掲載しておりますが、これらの掲載情報は制作時点において、一般的な情報提供を目的としたものであり、法律的なアドバイスや個別の事例への適用を行うものではありません。
  2. 当社は、当サイトの情報の正確性の確保、最新情報への更新などに努めておりますが、当サイトの情報内容の正確性についていかなる保証も一切致しません。当サイトの利用により利用者に何らかの損害が生じても、当社の故意又は重過失による場合を除き、当社として一切の責任を負いません。情報の利用については利用者が一切の責任を負うこととします。
  3. 当サイトの情報は、予告なしに変更されることがあります。変更によって利用者に何らかの損害が生じても、当社の故意又は重過失による場合を除き、当社として一切の責任を負いません。
  4. 当サイトに記載の情報、記事、寄稿文・プロフィールなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
  5. 当サイトにおいて不適切な情報や誤った情報を見つけた場合には、お手数ですが、当社のお問い合わせ窓口まで情報をご提供いただけると幸いです。