日本法規情報 株式会社相談窓口案内サービス、日本法規情報

相談サポート通信

なるべく揉めずにトラブルを避けて相続するためには…

一覧にもどる

 相続を経験する機会は、人生でほとんどなく、財産が絡んでくることから、相続はトラブルになりやすいです。相続のトラブルを防ぐために、どんな原因でトラブルが起こるのか確認してみましょう。

相続のトラブルが起こる原因とは?

 相続のトラブルが起こる原因とは、以下のようなものがあります。

・遺言がある場合

 遺言がある場合、その遺言が本当に本人が書いたものかどうか、本人がちゃんと判断能力がある時に書いたかどうか(=認知症などで書ける状態では無かったのではないか)、親族以外の人に財産を渡す旨が書かれていた場合、それが全て認められるかどうか等、様々なトラブルが生じます。

 このようなトラブルは、遺言書を民法に規定された方式に従って正しく用意すれば、トラブルをある程度未然に防ぐ事ができます。
 しかし、独力で遺言書を書くことは大変難しいです。しかも、遺言書の内容を確認するのが遺言者が亡くなられた後になってしまうと、その遺言書が無効となってしまった場合は、当然書き直すことはできず、民法に従った法定相続になってしまいます。
 遺言書を書かれる場合には、どのような方式や内容で書くか、一度専門家に確認してもらうことが、トラブルを防止します。

・相続人が複数人いて、会うのが難しい場合

 相続は相続人で協力して行う必要があります。
 例えば、限定承認などは相続人全員が手続きをする必要があります。(民法924条)逆に、誰かが勝手に手続きをする前に、相続財産を処分した者(民法921条1項)がいた場合には、限定承認することができなくなります。

 当事者だけでは話し合いが難しい場合、第三者の専門家を通して意見を合わせることで、スムーズな相続が可能です。

・相続が財産が何が分からない場合

 例えば、被相続人と同居していた相続人と、別居していた相続人がいた場合に問題になります。別居していた相続人には、その財産が被相続人のものか、同居していた相続人のものか明らかではありません。もし、同居していた相続人が、自分の都合のいいように被相続人の財産を自分のものだと主張した場合、別居していた相続人の相続財産が減ることになるので、本当は誰の所有物だったのか、トラブルになることがあります。

 また、相続財産には不動産の所有権といった権利から、借金といった義務まで含まれます。被相続人の相続財産がどのようか明らかにならないと、相続放棄するべきなのかどうか分からず、困ることになります。

経験豊富な専門家と一緒に

 相続財産が何かを確定するのは、相続の大前提であり重要ですが、亡くなった人がどんな財産や債務を持っていたのか、あるいは持っていなかったのかを把握するのは容易なことではありません。
 相続の手続きには期間制限があるものがあります。しかし、相続財産が何かが分からなければ手続きを進めることは出来ず、期限を逃してしまうことになりかねません。
 専門家に依頼すれば、期限を自分で管理して気にすることなく、安心して相続を解決することが出来ます。

まとめ

 このように、相続にトラブルはつきものですが、専門家である弁護士に依頼することで、トラブルを未然に防いだり、あるいは早期に相続を解決することが出来ます。もし、相続について何か悩んでいるのであれば、是非、一度ご相談下さい。

SERVICE CATEGORY事業情報

家庭・離婚

家庭・離婚

DVや家庭内暴力、離婚調停、離婚裁判、親権を得たい、といったご相談を取り扱っております。

金銭トラブル

金銭トラブル

金銭トラブル、債務整理、自己破産、過払い金請求など、金銭トラブルに関するご相談を取り扱っております。

詐欺被害

詐欺被害

悪徳商法に遭ってしまった場合や、クーリングオフなど、詐欺被害に関するご相談を取り扱っております。

不動産

不動産

敷金返還請求や不動産トラブル、任意売却、不動産登記など、不動産に関するご相談を取り扱っております。

相続

相続

相続税・贈与税、成年後見制度、遺言書の作成、不動産相続など、相続に関するご相談を取り扱っております。

保険・資産

保険・資産

年金のご相談や資産形成、節税などの税金対策、保険加入など、保険・資産に関するご相談を取り扱っております。

個人の労働問題・トラブル

個人の労働問題・トラブル

労働環境に関するトラブル、残業代請求など、個人の労働問題・トラブルに関するご相談を取り扱っております。

個人の税金相談

個人の税金相談

高額医療に関する控除、確定申告、電子申告の活用など、税金に関するご相談を取り扱っております。

刑事事件

刑事事件

告訴や告発、起訴前弁護、保釈、身柄解放などの刑事事件に関するご相談を取り扱っております。

トラブル・申請・法律相談

トラブル・申請・法律相談

身近な法律問題、ビザ取得、交通事故示談、医療ミスなど、法律問題全般のご相談を取り扱っております。

高齢者向け

高齢者向け

老後の資産運用やシニアライフ、相続や遺言手続き、成年後見制度など、高齢者向けのご相談を取り扱っております。

経営課題

経営課題

株式上場や経営改革、M&A、事業譲渡や倒産処理など、経営に関するご相談を取り扱っております。

行政手続き

行政手続き

各種許認可の申請や手続き、車庫証明取得、ビザ取得など、行政手続きに関するご相談を取り扱っております。

契約書

契約書

取引契約書の確認や企業間契約書の作成、契約トラブルなど、契約書に関するご相談を取り扱っております。

登記・申請・許可

登記・申請・許可

会社設立、会社登記、特許取得、補助金申請など、各種登記・申請・許可に関するご相談を取り扱っております。

企業紛争

企業紛争

企業訴訟や税務訴訟、個人情報漏えい、債権回収など、企業紛争に関するご相談を取り扱っております。

税務業務

税務業務

決算処理や記帳代行、給与計算、節税や企業資産税など、税務に関するご相談を取り扱っております。

企業の労務

企業の労務

人事や社会保険削減、労働訴訟、年末調整など、企業労務に関するご相談を取り扱っております。

一覧を見る

※当サイトのご利用にあたって

当サイトは日本法規情報株式会社(以下「当社」といいます。)が運営しております。当サイトに掲載の紹介文、プロフィールなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。また、当サイトのコンテンツを利用された場合、以下の免責事項に同意したものとみなします。

  1. 当サイトには一般的な法律知識や事例に関する情報を掲載しておりますが、これらの掲載情報は制作時点において、一般的な情報提供を目的としたものであり、法律的なアドバイスや個別の事例への適用を行うものではありません。
  2. 当社は、当サイトの情報の正確性の確保、最新情報への更新などに努めておりますが、当サイトの情報内容の正確性についていかなる保証も一切致しません。当サイトの利用により利用者に何らかの損害が生じても、当社の故意又は重過失による場合を除き、当社として一切の責任を負いません。情報の利用については利用者が一切の責任を負うこととします。
  3. 当サイトの情報は、予告なしに変更されることがあります。変更によって利用者に何らかの損害が生じても、当社の故意又は重過失による場合を除き、当社として一切の責任を負いません。
  4. 当サイトに記載の情報、記事、寄稿文・プロフィールなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
  5. 当サイトにおいて不適切な情報や誤った情報を見つけた場合には、お手数ですが、当社のお問い合わせ窓口まで情報をご提供いただけると幸いです。