日本法規情報 株式会社相談窓口案内サービス、日本法規情報

相談サポート通信

前科と前歴に違いはあるの?

一覧にもどる

 犯罪を犯して有罪になった場合や犯罪を犯したと疑われて逮捕されてしまった場合、前科や前歴がつきます。
 前科と前歴は、言葉は似ていますが内容は全く異なるものです。起訴されず前科がつかなかったと思っていても、前歴がついていたなんてこともあります。

 実際、この2つはどのように違うのでしょうか?

前科とは?

 前科とは、罪を犯して刑事裁判で有罪判決を受けた場合の犯罪履歴のこといいます。前科がある場合、その人は裁判官によって犯罪を行ったと認定されて有罪になったことがあるということです。

 懲役や禁錮などの実刑で前科が付くと思われがちですが、略式起訴で罰金刑を受けたという場合も有罪判決と同じ前科が付きます。そのため、スピード違反や器物損壊罪などの軽い犯罪でも罰金刑を受けてしまえば、その実行犯は前科者となってしまいます。

 テレビや本などに出てくる前科者はとても恐ろしいイメージがありますが、実際には意外と簡単に前科がついてしまうことがあるので注意が必要です。

前歴とは?

 前歴は、逮捕された場合に付きます。
 逮捕されると、検察官が起訴するかしないかを判断することになりますが、検察官が起訴するべきでないと判断した場合、不起訴処分を受けます。

 不起訴となる理由はおおまかに3つで、①嫌疑なし(犯行に関わっている可能性がないと判断された場合)、②嫌疑不十分(犯罪を行った可能性はあるが、それを立証する証拠が少ない場合)、③起訴猶予(犯罪を行ったと認められるが、罪が比較的軽い場合や、被疑者が深く反省している場合など)があります。

 不起訴処分となった場合、前科は付きませんが、逮捕されたという事実は残りますので前歴は付くことになります。

 このように前歴がつく場合には、その人が犯罪に全く関わっていなかったケースも含まれてきます。前歴があるからといってその人が「犯罪者」になるとは限りません。

その後の生活に支障があるの?

 前科や前歴があることによって、一般の就職が難しくなることはあまりありません。

 前科・前歴の情報は、検察や警察、市区町村が管理していますが、一般にはアクセスすることはできません。そのため、企業が調べようにも調べることはできず、また、プライバシーに関する情報なのでわざわざ聞いてくる企業も少ないでしょう。

 ただし、前科を記載する欄がある履歴書の場合に記載をしなかったり、採用面接の際に前科があるかないかについて話題になってしまった場合に嘘をつくと、経歴詐称と言われてしまうことはあり得ます。その場合、犯罪にはなりませんが、後に解雇問題に発展することなどはあり得ます。

 また、弁護士などの一部の職業資格の場合、前科があることでその職に就けないことがあります。例えば、禁固以上の前科がついている場合には、弁護士や弁理士、教員にはなれません。禁固以上の前科があることが、これらの資格の欠格事由になっているからです。

 これと同様に、公務員の場合にも前科が欠格事由になります。具体的には、国家公務員についても地方公務員についても、禁固刑以上の前科がある場合には資格が得られないとされています。


 職業以外にも結婚、育児、人間関係などに悪影響があるのかと思われるかもしれませんが、前述のように、一般人では容易に前科・前歴の情報を調べることはできませんので、基本的には問題ないといえるでしょう。しかし、もし、前科・前歴があると発覚した場合、これまで築き上げてきた関係性が一気に崩壊する恐れもあります。

 そのため、前歴はまだしも、前科を付けないことに越したことはありません。

まとめ

 前科・前歴の情報は一生残ってしまいます。犯罪の大きさでも影響度は違うでしょうが、禁錮以上の前科がある方はこれまで見てきたような悪影響が出てくる場合があります。

 誰にも話さなければ、前科・前歴の情報が発覚してしまうことはほとんどありませんが、その後の人生を考えるにあたって、婚約者や会社など信頼を得た後に打ち明ける方が良い場合もあります。

 大切なことは、その後しっかり反省し、二度と罪を犯さないことでしょう。自分を大切に思ってくれる人々を裏切らないように行動していく必要があるといえます。”

SERVICE CATEGORY事業情報

家庭・離婚

家庭・離婚

DVや家庭内暴力、離婚調停、離婚裁判、親権を得たい、といったご相談を取り扱っております。

金銭トラブル

金銭トラブル

金銭トラブル、債務整理、自己破産、過払い金請求など、金銭トラブルに関するご相談を取り扱っております。

詐欺被害

詐欺被害

悪徳商法に遭ってしまった場合や、クーリングオフなど、詐欺被害に関するご相談を取り扱っております。

不動産

不動産

敷金返還請求や不動産トラブル、任意売却、不動産登記など、不動産に関するご相談を取り扱っております。

相続

相続

相続税・贈与税、成年後見制度、遺言書の作成、不動産相続など、相続に関するご相談を取り扱っております。

保険・資産

保険・資産

年金のご相談や資産形成、節税などの税金対策、保険加入など、保険・資産に関するご相談を取り扱っております。

個人の労働問題・トラブル

個人の労働問題・トラブル

労働環境に関するトラブル、残業代請求など、個人の労働問題・トラブルに関するご相談を取り扱っております。

個人の税金相談

個人の税金相談

高額医療に関する控除、確定申告、電子申告の活用など、税金に関するご相談を取り扱っております。

刑事事件

刑事事件

告訴や告発、起訴前弁護、保釈、身柄解放などの刑事事件に関するご相談を取り扱っております。

トラブル・申請・法律相談

トラブル・申請・法律相談

身近な法律問題、ビザ取得、交通事故示談、医療ミスなど、法律問題全般のご相談を取り扱っております。

高齢者向け

高齢者向け

老後の資産運用やシニアライフ、相続や遺言手続き、成年後見制度など、高齢者向けのご相談を取り扱っております。

経営課題

経営課題

株式上場や経営改革、M&A、事業譲渡や倒産処理など、経営に関するご相談を取り扱っております。

行政手続き

行政手続き

各種許認可の申請や手続き、車庫証明取得、ビザ取得など、行政手続きに関するご相談を取り扱っております。

契約書

契約書

取引契約書の確認や企業間契約書の作成、契約トラブルなど、契約書に関するご相談を取り扱っております。

登記・申請・許可

登記・申請・許可

会社設立、会社登記、特許取得、補助金申請など、各種登記・申請・許可に関するご相談を取り扱っております。

企業紛争

企業紛争

企業訴訟や税務訴訟、個人情報漏えい、債権回収など、企業紛争に関するご相談を取り扱っております。

税務業務

税務業務

決算処理や記帳代行、給与計算、節税や企業資産税など、税務に関するご相談を取り扱っております。

企業の労務

企業の労務

人事や社会保険削減、労働訴訟、年末調整など、企業労務に関するご相談を取り扱っております。

一覧を見る

※当サイトのご利用にあたって

当サイトは日本法規情報株式会社(以下「当社」といいます。)が運営しております。当サイトに掲載の紹介文、プロフィールなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。また、当サイトのコンテンツを利用された場合、以下の免責事項に同意したものとみなします。

  1. 当サイトには一般的な法律知識や事例に関する情報を掲載しておりますが、これらの掲載情報は制作時点において、一般的な情報提供を目的としたものであり、法律的なアドバイスや個別の事例への適用を行うものではありません。
  2. 当社は、当サイトの情報の正確性の確保、最新情報への更新などに努めておりますが、当サイトの情報内容の正確性についていかなる保証も一切致しません。当サイトの利用により利用者に何らかの損害が生じても、当社の故意又は重過失による場合を除き、当社として一切の責任を負いません。情報の利用については利用者が一切の責任を負うこととします。
  3. 当サイトの情報は、予告なしに変更されることがあります。変更によって利用者に何らかの損害が生じても、当社の故意又は重過失による場合を除き、当社として一切の責任を負いません。
  4. 当サイトに記載の情報、記事、寄稿文・プロフィールなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
  5. 当サイトにおいて不適切な情報や誤った情報を見つけた場合には、お手数ですが、当社のお問い合わせ窓口まで情報をご提供いただけると幸いです。