アスクプロ株式会社相談窓口案内サービス、日本法規情報

相談サポート通信

『誹謗中傷の書き込みを見た事がある』人は70%以上、約3%のユーザーは『自ら誹謗中傷の書き込み』を経験、通報・被害届の方法は約半数が認知

一覧にもどる

日本法規情報株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役 今村 愼太郎)(http://www.nlinfo.co.jp/)は、インターネットアンケートを実施し、「誹謗中傷の書き込みに関するアンケート調査」について発表しました。(日本法規情報株式会社では定期的に法律関連の話題に対して意識調査を行い発表しております)

 先日の弊社リリースにおいては、個人情報を漏洩した上で誹謗中傷されている事を見た事がある人が70%以上というインターネットトラブルの実態の深刻な結果をご報告いたしました。

 そこで、「悪質な誹謗中傷は犯罪になる可能性があるのを知っているか」「悪質な誹謗中傷の書き込みがあった場合は、最寄りの警察、サイバー犯罪相談窓口、弁護士等を通じて削除依頼を出せることを知っているか」について調査致しました。

 

◆個人情報を漏洩した上で誹謗中傷されている事を見た事がある人が70%以上  

image001

 先日の弊社リリースにてSNSを利用している中で、「他人の人格・性格を否定したり、容姿に対する発言したりするなど、誹謗中傷にあたると思われる事項が書きこまれているのを目にしたことがあるか」についてアンケート調査で「見たことがある」と答えた人は実に70%以上という深刻な結果を発表いたしました。(※弊社リリース済)

 書き込まれている誹謗中傷の内容については「芸能人や政治家の誹謗中傷」が最も多く全体の30%でした。「個人的な感情で書かれた特定の人に対する誹謗中傷」と答えた人は22%、「画像がアップの上で書きこまれている誹謗中傷」と答えた人は7%「個人情報を漏えいした上で書き込まれている誹謗中傷」が6%、「その人の友達に対する誹謗中傷」を見たことがある人は6%と、芸能人、政治家以外についても「個人を特定した上での誹謗中傷」は合わせて40%と高い数値となりました。「見たことが無い」と答えた人は29%に留まる結果となりました。

 そこで、実際にSNSを通じて誹謗中傷を書き込んだことがあるかについてアンケートを行いました。

 

◆「SNSに誹謗中傷を書き込んだことがある」は7%

image005

 アンケートの結果、「誹謗中傷を書き込んだことがある」と回答した人は3%となり、誹謗中傷を書き込んだ覚えはない」と答えた人は97%に上りました。

 30人に1人以上の割合で誹謗中傷の書き込み経験があり、誰でも加害者、被害者になってしまいやすい環境にあることがわかりました。 (※但し、何が誹謗中傷にあたるかについての認識について個々の認識によるものが多い事も考えられ、個々が誹謗中傷と認識していない可能性もあります。)

 

 注) 事実を表明することで他人の悪事などを暴露し、結果的にその人の名誉を失墜させることは誹謗ではあっても、中傷や悪口とは言いませんが、公共の利害に関する目的で内部告発を行う場合は正当な行為として認められることもあります。そしてその目的が公共の利害に関係したことでなければ、事実であったとしても名誉毀損に該当する場合もあります。)  

 

 このような悪質な誹謗中傷の書き込みがあった場合は、最寄りの警察、サイバー犯罪相談窓口、弁護士等を通じて削除依頼をすることが出来ますが、このことを知っていたかについてアンケートを行いました。

 

◆「悪質な誹謗中傷の書き込みがあった場合は、最寄りの警察、サイバー犯罪相談窓口、弁護士等を通じて削除依頼を出せることを知っていた」は50%

 image003
 

 アンケート調査の結果、「削除依頼を出せることを知っていた」は50%、「削除依頼を出せることを知らなかった」は50%と約半数の人が誹謗中傷等の悪質な行為に対する対処法を知らなかったという事実が判明しました。

 

 注) 悪質な誹謗中傷の書き込みがあった場合は、最寄りの警察、サイバー犯罪相談窓口、弁護士等を通じて削除依頼を出すことが出来ます。 その際は、誹謗・中傷の内容が記載されたページの画面やURLの保存、またはプリントアウトをするなどして証拠保全するとともに第三者にもきちんと確認できるようにしておきましょう。 後日裁判を起こすなど法的な措置を取る時に、警察を通し情報開示請求がしやすくなります。 この情報開示請求により書き込みをした人の発信者情報「IPアドレス」を請求することができます。たとえサイト管理者から回答を拒否されるなどの場合にも警察や弁護士を経由して開示を請求することができます。  

 

有効回答数:1721人(男性:676人 女性:1045人)
アンケート期間:2013-11-20 ~2013-12-20

 

 

■日本法規情報株式会社について

日本法規情報株式会社は、「どこに相談したら良いか“わからない”を“わかる”に変える」をコンセプトに、様々な相談を解決できる相談パートナーと悩みを抱える相談者の両者を結ぶ接点となるサービスをご提供しております。全国約1000の相談パートナーと月間約1万件の対応実績を持ち多くの相談者の悩みの解決の一助となっております。  

 

■相談者調査レポート 関連サイト

『法律事務所検索サポート』
https://www.soudan-form.com/houritsujimusho-support/
『弁護士事務所検索サポート』
https://www.soudan-form.com/bengoshijimusho-support/
『法律問題・法律手続き・法律相談サポート』
https://www.soudan-form.com/houritsu-support.net/  

 

■問い合わせ先

日本法規情報株式会社 Public Relation Team
http://www.nlinfo.co.jp/
pr@nlinfo.co.jp
03-5339-7500(代表)

SERVICE CATEGORY相談ジャンル

家庭・離婚

家庭・離婚

DVや家庭内暴力、離婚調停、離婚裁判、親権を得たい、といったご相談を取り扱っております。

金銭トラブル

金銭トラブル

金銭トラブル、債務整理、自己破産、過払い金請求など、金銭トラブルに関するご相談を取り扱っております。

詐欺被害

詐欺被害

悪徳商法に遭ってしまった場合や、クーリングオフなど、詐欺被害に関するご相談を取り扱っております。

不動産

不動産

敷金返還請求や不動産トラブル、任意売却、不動産登記など、不動産に関するご相談を取り扱っております。

相続

相続

相続税・贈与税、成年後見制度、遺言書の作成、不動産相続など、相続に関するご相談を取り扱っております。

保険・資産

保険・資産

年金のご相談や資産形成、節税などの税金対策、保険加入など、保険・資産に関するご相談を取り扱っております。

個人の労働問題・トラブル

個人の労働問題・トラブル

労働環境に関するトラブル、残業代請求など、個人の労働問題・トラブルに関するご相談を取り扱っております。

個人の税金相談

個人の税金相談

高額医療に関する控除、確定申告、電子申告の活用など、税金に関するご相談を取り扱っております。

刑事事件

刑事事件

告訴や告発、起訴前弁護、保釈、身柄解放などの刑事事件に関するご相談を取り扱っております。

トラブル・申請・法律相談

トラブル・申請・法律相談

身近な法律問題、ビザ取得、交通事故示談、医療ミスなど、法律問題全般のご相談を取り扱っております。

高齢者向け

高齢者向け

老後の資産運用やシニアライフ、相続や遺言手続き、成年後見制度など、高齢者向けのご相談を取り扱っております。

経営課題

経営課題

株式上場や経営改革、M&A、事業譲渡や倒産処理など、経営に関するご相談を取り扱っております。

行政手続き

行政手続き

各種許認可の申請や手続き、車庫証明取得、ビザ取得など、行政手続きに関するご相談を取り扱っております。

契約書

契約書

取引契約書の確認や企業間契約書の作成、契約トラブルなど、契約書に関するご相談を取り扱っております。

登記・申請・許可

登記・申請・許可

会社設立、会社登記、特許取得、補助金申請など、各種登記・申請・許可に関するご相談を取り扱っております。

企業紛争

企業紛争

企業訴訟や税務訴訟、個人情報漏えい、債権回収など、企業紛争に関するご相談を取り扱っております。

税務業務

税務業務

決算処理や記帳代行、給与計算、節税や企業資産税など、税務に関するご相談を取り扱っております。

企業の労務

企業の労務

人事や社会保険削減、労働訴訟、年末調整など、企業労務に関するご相談を取り扱っております。

一覧を見る

※当サイトのご利用にあたって

当サイトはアスクプロ株式会社(以下「当社」といいます。)が運営しております。当サイトに掲載の紹介文、プロフィールなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。また、当サイトのコンテンツを利用された場合、以下の免責事項に同意したものとみなします。

  1. 当サイトには一般的な法律知識や事例に関する情報を掲載しておりますが、これらの掲載情報は制作時点において、一般的な情報提供を目的としたものであり、法律的なアドバイスや個別の事例への適用を行うものではありません。
  2. 当社は、当サイトの情報の正確性の確保、最新情報への更新などに努めておりますが、当サイトの情報内容の正確性についていかなる保証も一切致しません。当サイトの利用により利用者に何らかの損害が生じても、当社の故意又は重過失による場合を除き、当社として一切の責任を負いません。情報の利用については利用者が一切の責任を負うこととします。
  3. 当サイトの情報は、予告なしに変更されることがあります。変更によって利用者に何らかの損害が生じても、当社の故意又は重過失による場合を除き、当社として一切の責任を負いません。
  4. 当サイトに記載の情報、記事、寄稿文・プロフィールなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
  5. 当サイトにおいて不適切な情報や誤った情報を見つけた場合には、お手数ですが、当社のお問い合わせ窓口まで情報をご提供いただけると幸いです。