アスクプロ株式会社相談窓口案内サービス、日本法規情報

相談サポート通信

マイナンバー制度にメリットが感じられない?!利用経験は1割にとどまり、不必要だと考える人が5割を超える。利用用途の浸透が必要。

一覧にもどる

日本法規情報株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役社長 今村 愼太郎)(http://www.nlinfo.co.jp/)は、インターネットアンケートを実施し、「マイナンバー制度に関するアンケート調査」について発表しました。 (日本法規情報株式会社では定期的に法律関連の話題に対して意識調査を行い発表しております)

 2015年10月からマイナンバー制度の通知が開始され、2016年1月から行政業務が順次マイナンバー制度に対応していくことになりました。

 マイナンバーは国民ひとりひとりに番号が与えられ、その番号で税や年金の手続き、雇用保険などの手続きなどを簡略化するものになります。このマイナンバー制度は、新しく開始された制度で、各種マスコミも大々的に取り上げ、メリットからデメリットまで様々な説明がされました。

 しかしながら実際に運用されているかといえばまだ不明瞭な点も多々あると思います。

 そこで今回はマイナンバー制度に関する実態調査を行いました。

 まずマイナンバー制度を知っているかどうかについて聞いてみました。

 

■マイナンバー制度を知っている人は全体の99%にのぼる

 質問:マイナンバー制度を知っていますか?

 調査の結果、「マイナンバーを知っている」と回答した人は74%にのぼり、マイナンバー制度がどのような制度なのか把握している人は多くいるようです。

 また「名前だけ知っている」と回答した人は25%にもなり、“マイナンバー制度”という名称は広く浸透しています。

 そこで、マイナンバー制度を利用した経験があるかを聞いてみました。

 

■マイナンバー制度を利用したことのない人が9割にのぼる

質問:マイナンバー制度を利用したことはありますか?

 調査の結果、「マイナンバーを利用したことがある」と回答した人が11%、「マイナンバー制度を利用したことがない」と回答した人が89%となりました。

 平成27 年10月からマイナンバー制度が開始されて半年が経過するにも関わらず、約1割の人しか利用したことがないという結果になりました。平成28年1月からは社会保障・税・災害対策分野のなかで行政手続きに用いられることとなるので、より浸透していくことが予想されます。例として、税務署への申告書や届出書類、各種保険の給付時などに必要となります。

 次に、実際にマイナンバー制度は必要だと思うかどうか聞いてみました。

 

■2人に1人は「マイナンバー制度は要らない」と回答

質問:マイナンバーは必要だと思いますか?

 調査の結果、「必要だ」と回答した人が7%、「あれば便利だと思う」と回答した人が37%、「マイナンバー制度は不必要だ」と回答した人が56%という結果になりました。

 マイナンバーは12桁の番号を国民ひとりひとりに振り分けて、国が個人に関する情報を一括で管理できるシステムです。いままで国民にとって負担だった行政手続きが簡単になり、国民の利便性を向上させる狙いがあります。また作業をする行政機関の業務の負担も削減されるために人的ミスも防ぐことが可能です。

 国民にとってメリットが多いと思われる制度ですが、マイナンバー制度は不必要と感じる理由は何なのでしょうか。

 そこでなぜマイナンバーが不必要だと思うのか聞いてみました。

 

■6割近くが「情報管る結果に理が不安」と感じている。

質問:なぜマイナンバーは不必要だと思いますか。

 マイナンバーは不必要だと答えた人にその理由を聞いてみた結果、「情報漏洩の恐れがあるから」と回答した人は38%、「政府の一括の情報管理が不安だから」と回答した人は24%、「プライバシーが侵害されそうだ」と回答した人は22%、「不正使用が怖い」と回答した人は16%という結果になりました。

 個人情報をネット上で管理すると、サイバー攻撃などによって流出・漏えいしてしまうという印象があり、個人の印象では「不安」であるというイメージが広がっているようです。

 合わせて、マイナンバーをについてもっと知りたい点について聞いてみました。

 

■「メリットを知りたい」という声が30%を占める 

質問:マイナンバーについて知りたい点を教えてください。

 調査の結果、「マイナンバーを利用するメリットを知りたい」と回答した人は30%、「マイナンバーの悪用についての説明と対策を知りたい」と回答した人は27%、「政府だけでなく企業も含めた情報漏洩対策を知りたい」と回答した人は26%、「情報管理について知りたい」と回答した人は16%となりました。アンケート結果からは、現在の政府等からの説明では情報が足りないと感じている人が多いようです。

 新制度が導入された際に政府からの説明や会見が行われますが、他の制度が導入されたときに比べても政府の説明や、民間の注目度、メディアからの注目度はやや低いことは事実であるともいえます。

 しかしながら、国民すべてに与えられるマイナンバーに関与していないと思うことには無理があります。

 今回の調査では「マイナンバーは要らない」と考えている人が半数に上り、実際の利用経験も1割程度と低い結果に留まりました。 マイナンバー管理は政府だけでなく企業にも管理責任が伴います。企業が何らかの原因で情報を漏洩させてしまった場合のペナルティーもあります。今後、将来的にはマイナンバーに関わるトラブルや問題が出てくる可能性もあるでしょう。

 マイナンバー制度について、情報に関する法務に詳しいC-ens法律事務所の弁護士の森崎秀昭氏によると、 「確かにマイナンバー制度には、アンケートでも回答があったように情報漏洩やアメリカの社会保障番号のように「なりすまし」のリスクもあります。しかし、みなさんがまだ実感できていないメリットがあるのも事実です。 メリットとしては、例えば、マイナンバー制度によって脱税や社会保障の不正受給が行いにくくなると言われています。実態に合った税金の徴収がされれば、税収がアップして、行政サービスが拡充する可能性もあります。社会保障の不正受給が減少しても同じようなことが言えるでしょう。また、行政サービスを受けるときに用意しなければならない書類も減って、効率化すると言われています。他にも、マイ・ポータルの導入によって、行政から個人に合わせたサービスの案内が届くこともありうるでしょう。 デメリットとしては、やはり情報漏洩や「なりすまし」のリスクがあります。行政がマイナンバーについて厳重に管理をしていても、様々な技術が日進月歩で進化している現在では、確実に安全なものなどありません。また、マイナンバーカードが偽造されてしまっては、ご自身の受けられる給付を第三者に勝手に受け取られてしまうなどの「なりすまし」の被害を受ける可能性もあります。そのため、マイナンバーカードや情報の管理には十分に注意してください。 次に、事業者のみなさんは、取得や利用・管理・破棄について厳格な対応が求められています。これは大きな負担になるでしょう。しかし、個人情報が漏洩した場合には、判例では1件あたり数千円から数万円の損害賠償責任が認められているケースが多々あります。つまり、情報漏洩・損害賠償での損失や費用対効果、レピュテーションリスク、取引先との信頼関係を考えると、事前に可能な限り十分な対応をした方が良いと思います。ちなみに、従業員数が101名以下の中小企業においては、対応の厳格性が緩和されています。詳しくは、例えば経済産業省ホームページ内の「社会保障・税番号制度について[C1] 」というページに各種資料やリンクがありますし、中小企業庁が運営している「ミラサポ[C2] 」というインターネットサイト上にも「マイナンバー制度ヘッドライン[C3] 」という特集ページがあるので、これらを参考にしていただければと思います。マイナンバー制度はすでに始まっています。事業者のみなさんは、それぞれの事業規模に合わせて、適切な対応を取っていただくように心がけていただけたらと思います。 マイナンバー制度もみなさんが選挙によって選んだ政党が作った制度です。つまり日本国民が作った制度なのです。多くの制度は最初から完璧な状況で作られるものではありません。できた制度をどのように運用して、どのように修正して行くかがポイントになります。そのため、みなさんが実際に利用してみて、その声を行政に反映させて行くことが重要だと思います。」

[C1]http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/my_number/
[C2]https://www.mirasapo.jp/index.html
[C3]https://www.mirasapo.jp/mynumber/index.html

 

調査期間 2016/08/18~2016/08/28
回答者 754人(男性 346人 女性 408人)

 

 

■C-ens法律事務所 森崎 秀昭(もりさき ひであき) 弁護士

住所 東京都渋谷区神宮前2-4-7 FRESCA神宮前303
電話 03-6721-1597

物事の本質に向き合い、豊富な知識の元、問題解決に尽力する法律事務所。 

 

■日本法規情報株式会社について

日本法規情報株式会社は、「どこに相談したら良いか“わからない”を“わかる”に変える」をコンセプトに、様々な相談を解決できる相談パートナーと悩みを抱える相談者の両者を結ぶ接点となるサービスをご提供しております。全国約1000の相談パートナーと月間約1万件の対応実績を持ち多くの相談者の悩みの解決の一助となっております。  

 

■相談者調査レポート 関連サイト

法律事務所検索サポート
https://www.soudan-form.com/houritsujimusho-support/
悪徳商法相談サポート
https://www.soudan-form.com/akutokushoho-support/
弁護士事務所検索サポート
https://www.soudan-form.com/bengoshijimusho-support/

 

■問い合わせ先

 日本法規情報株式会社 Public Relation Team
http://www.nlinfo.co.jp/
pr@nlinfo.co.jp
03-5339-7500(代表)

SERVICE CATEGORY相談ジャンル

家庭・離婚

家庭・離婚

DVや家庭内暴力、離婚調停、離婚裁判、親権を得たい、といったご相談を取り扱っております。

金銭トラブル

金銭トラブル

金銭トラブル、債務整理、自己破産、過払い金請求など、金銭トラブルに関するご相談を取り扱っております。

詐欺被害

詐欺被害

悪徳商法に遭ってしまった場合や、クーリングオフなど、詐欺被害に関するご相談を取り扱っております。

不動産

不動産

敷金返還請求や不動産トラブル、任意売却、不動産登記など、不動産に関するご相談を取り扱っております。

相続

相続

相続税・贈与税、成年後見制度、遺言書の作成、不動産相続など、相続に関するご相談を取り扱っております。

保険・資産

保険・資産

年金のご相談や資産形成、節税などの税金対策、保険加入など、保険・資産に関するご相談を取り扱っております。

個人の労働問題・トラブル

個人の労働問題・トラブル

労働環境に関するトラブル、残業代請求など、個人の労働問題・トラブルに関するご相談を取り扱っております。

個人の税金相談

個人の税金相談

高額医療に関する控除、確定申告、電子申告の活用など、税金に関するご相談を取り扱っております。

刑事事件

刑事事件

告訴や告発、起訴前弁護、保釈、身柄解放などの刑事事件に関するご相談を取り扱っております。

トラブル・申請・法律相談

トラブル・申請・法律相談

身近な法律問題、ビザ取得、交通事故示談、医療ミスなど、法律問題全般のご相談を取り扱っております。

高齢者向け

高齢者向け

老後の資産運用やシニアライフ、相続や遺言手続き、成年後見制度など、高齢者向けのご相談を取り扱っております。

経営課題

経営課題

株式上場や経営改革、M&A、事業譲渡や倒産処理など、経営に関するご相談を取り扱っております。

行政手続き

行政手続き

各種許認可の申請や手続き、車庫証明取得、ビザ取得など、行政手続きに関するご相談を取り扱っております。

契約書

契約書

取引契約書の確認や企業間契約書の作成、契約トラブルなど、契約書に関するご相談を取り扱っております。

登記・申請・許可

登記・申請・許可

会社設立、会社登記、特許取得、補助金申請など、各種登記・申請・許可に関するご相談を取り扱っております。

企業紛争

企業紛争

企業訴訟や税務訴訟、個人情報漏えい、債権回収など、企業紛争に関するご相談を取り扱っております。

税務業務

税務業務

決算処理や記帳代行、給与計算、節税や企業資産税など、税務に関するご相談を取り扱っております。

企業の労務

企業の労務

人事や社会保険削減、労働訴訟、年末調整など、企業労務に関するご相談を取り扱っております。

一覧を見る

※当サイトのご利用にあたって

当サイトはアスクプロ株式会社(以下「当社」といいます。)が運営しております。当サイトに掲載の紹介文、プロフィールなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。また、当サイトのコンテンツを利用された場合、以下の免責事項に同意したものとみなします。

  1. 当サイトには一般的な法律知識や事例に関する情報を掲載しておりますが、これらの掲載情報は制作時点において、一般的な情報提供を目的としたものであり、法律的なアドバイスや個別の事例への適用を行うものではありません。
  2. 当社は、当サイトの情報の正確性の確保、最新情報への更新などに努めておりますが、当サイトの情報内容の正確性についていかなる保証も一切致しません。当サイトの利用により利用者に何らかの損害が生じても、当社の故意又は重過失による場合を除き、当社として一切の責任を負いません。情報の利用については利用者が一切の責任を負うこととします。
  3. 当サイトの情報は、予告なしに変更されることがあります。変更によって利用者に何らかの損害が生じても、当社の故意又は重過失による場合を除き、当社として一切の責任を負いません。
  4. 当サイトに記載の情報、記事、寄稿文・プロフィールなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
  5. 当サイトにおいて不適切な情報や誤った情報を見つけた場合には、お手数ですが、当社のお問い合わせ窓口まで情報をご提供いただけると幸いです。