日本法規情報 株式会社相談窓口案内サービス、日本法規情報

相談サポート通信

相続手続きを自分で行った人の約1割が相続時に不動産の名義変更を行っておらず、相続問題の温床に。法定相続情報証明制度によって解決は見込めるのか?

一覧にもどる

日本法規情報株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役社長 今村 愼太郎)(http://www.nlinfo.co.jp/ )は、インターネットアンケートを実施し、「相続に関するアンケート調査」について発表しました。
(日本法規情報株式会社では定期的に法律関連の話題に対して意識調査を行い発表しております)

先日、弊社が発表した調査レポート(https://news.soudan-form.com/news/post1206.html)において、相続時に専門家に依頼しなかった方は、相続経験者のうち約半数の49%に上ることが判明しました。

 

 相続手続きにおいては、相続人調査・相続財産調査をはじめとしてさまざまな手続きが必要となりますが、専門家に依頼せずに相続を行った方はどのように相続手続きを行ったのでしょうか?

 また、本年5月29日から「法定相続情報証明制度」という相続手続きの簡略化を目的とした制度が始まりますが、この制度によって問題となっている所有者不明の土地問題や空き家問題は解決しうるのでしょうか?

 

 そこで、今回は相続経験者(過去に相続を経験した方)及び相続未経験者も含めた回答者全員を対象に、相続手続きや法定相続情報証明制度に関するアンケート調査を実施しました。

 

 

専門家に依頼しなかった方の28%が「そもそも相続手続きを行わなかった」と回答

Q(「相続発生時に専門家に依頼しなかった」と回答した方にお聞きします)相続発生後、どのように相続手続きを行いましたか?

 調査の結果、「自分で手続きを行った」と回答した方が72%、「そもそも手続きを行わずに相続した」と回答した方が28%という結果になりました。

 

 相続発生時に専門家に依頼しなかった方の28%が、相続手続きを未実施のまま放置している結果となり、専門家に依頼しないことが相続手続きの未実施につながっているとも考えられそうです。

 そもそも相続手続きを行っていない場合には、相続手続きを「難しい」と感じることも「簡単」と感じることもありませんが、実際に自分で相続手続きを行った方は相続手続きに対してどのように感じたのでしょうか?

 

 そこで、次に「自分で手続きを行った」と回答した方が、実際に自分で手続きを行ってみてどのように感じたのか調査しました。

 

 

■「面倒、「時間がかかる」、「難しい」と感じた方が全体として多い傾向にある

Q(「自分で手続きを行った」と回答した方にお聞きします)自分で相続手続きを行ってどのように感じましたか?手続きを通して感じたことを選んでください。(複数回答可(回答者数83人))

 調査の結果、回答者数83人のうち、「面倒」と答えた方は44人、「それほど面倒ではない」と答えた方は35人、「時間がかかる」と答えた方は31人、「難しい」と答えた方は17人、「お金をかけても専門家に頼むべきだった」と答えた方は5人、「時間はかからない」と答えた方は5人、「簡単」と答えた方は2人という結果になりました。

 

 「面倒」、「時間がかかる」、「難しい」などと答えた方が多い傾向になりましたが、「お金をかけても専門家に頼むべきだった」と答えた方は少なく、自分で相続手続きを行うことに負の側面を感じつつも、お金をかけてまで専門家に頼む必要性を感じていないことが分かりました

 上記の2つのアンケート結果より、専門家に依頼をしない方の中には相続手続きを行っていない方が存在すること、自分で相続手続きを行った方の多くが負の側面を感じつつも、お金をかけてまで専門家に頼む必要性を感じていないことが分かりました。

 

 そこで、実際に相続登記が未了のままになっている不動産が、アンケート回答者の身近に存在するのか調査を実施し、本年5月29日より運用が開始される「法定相続情報証明制度」に対するアンケート回答者の意識調査を行いました。

 

 

■「亡くなった人名義のままになっている不動産がある」と回答した人は全体の11%。

Q自分や親族が所有している不動産で名義が1年以上前に亡くなった方のままになっているものはありますか?

 調査の結果、亡くなった方名義のままになっている不動産が、「ない」と答えた方は89%、「ある」と答えた方は11%という結果になりました。

 

 不動産の相続登記に決まった期限はありませんが、相続登記を未了のまま放置しておくことによって権利関係が複雑になり、空き家問題や所有者不明の土地問題につながっているといわれています。

 この問題を解決するために「法定相続情報証明制度」が開始され、相続手続きの一部が簡略化されます。

 具体的には、いままで銀行口座の名義変更や相続登記を行う際に一回ずつ必要な戸籍謄本をすべて集めて戸籍謄本の束を提出していた手続きが変更になり、戸籍謄本の束を登記所に一度提出するだけで「法定相続情報一覧図」という被相続人の戸籍情報を一覧化したものが登記官の認証文付きで交付され、銀行口座の名義変更や相続登記の際に法定相続情報一覧図を戸籍謄本の束の代わりに提出し、必要書類の準備を簡略化できるようになります。

 

 それでは、この法定相続情報証明制度が目的のひとつとしている、空き家問題や所有者不明の土地問題に対しては、どれくらいの効果が見込まれるのでしょうか?

 最後に、「亡くなった人名義のままになっている不動産がある」と答えた方を対象に、法定相続情報証明制度の運用を機に、亡くなった人名義になっている不動産の相続手続きを行おうと思っているか調査を行いました。

 

 

■相続登記未了の不動産について「登記を検討する」と答えた方は53%

Q(「亡くなった方名義のままになっている不動産がある」と回答した方にお聞きします)今年の5月から「法定相続情報証明制度」という相続手続きを簡略化する制度が始まります。これを機に、亡くなった方名義になっている不動産の相続手続きを行おうと思いますか?

 調査の結果、法定相続情報証明制度の運用を機に、不動産の相続手続きを「検討する」と答えた方は57%、「検討しない」と答えた方は43%という結果になりました。

 

 法定相続情報証明制度の運用開始に伴い、いままで相続登記が未了だった不動産の相続手続きを行う可能性のある方が半数以上存在することが判明しました。ここから、現在生じている空き家問題や所有者不明の土地問題についても、一部は解決できる可能性があるということがいえそうです。

 

 今回の調査では、専門家に相続手続きを依頼しなかった方の中には、そもそも相続手続きを行っていない方が一定数存在すること、そして、全体として相続登記未了の不動産を自分や親族が所有している方が約10%いることが分かりました。

 相続財産をめぐって後から生じるトラブルを防ぐためには、早めに相続手続きを開始することが重要ですが、万が一タイミングを逃したとしても、数年後や数十年後に相続手続きを行うことも十分可能です。

 法定相続情報証明制度の運用開始を機に、ご自身やご家族の相続手続きについて考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

調査期間 2017-04-07〜2017-04-30
回答者 885人

 

■日本法規情報株式会社について

日本法規情報株式会社は、「どこに相談したら良いか“わからない”を“わかる”に変える」をコンセプトに、様々な相談を解決できる相談パートナーと悩みを抱える相談者の両者を結ぶ接点となるサービスをご提供しております。全国の約1,000の相談パートナーと月間1万件の対応実績を持ち多くの相談者の悩みの解決の一助となっております。

 

■相談者調査レポート 関連サイト

相続・遺産問題相談サポート
https://www.soudan-form.com/souzokusoudan-support/

遺言問題相談サポート
https://www.soudan-form.com/igonsoudan-support/

相続税・贈与税相談サポート
https://www.soudan-form.com/souzoku-zouyo-tax/

SERVICE CATEGORY事業情報

家庭・離婚

家庭・離婚

DVや家庭内暴力、離婚調停、離婚裁判、親権を得たい、といったご相談を取り扱っております。

金銭トラブル

金銭トラブル

金銭トラブル、債務整理、自己破産、過払い金請求など、金銭トラブルに関するご相談を取り扱っております。

詐欺被害

詐欺被害

悪徳商法に遭ってしまった場合や、クーリングオフなど、詐欺被害に関するご相談を取り扱っております。

不動産

不動産

敷金返還請求や不動産トラブル、任意売却、不動産登記など、不動産に関するご相談を取り扱っております。

相続

相続

相続税・贈与税、成年後見制度、遺言書の作成、不動産相続など、相続に関するご相談を取り扱っております。

保険・資産

保険・資産

年金のご相談や資産形成、節税などの税金対策、保険加入など、保険・資産に関するご相談を取り扱っております。

個人の労働問題・トラブル

個人の労働問題・トラブル

労働環境に関するトラブル、残業代請求など、個人の労働問題・トラブルに関するご相談を取り扱っております。

個人の税金相談

個人の税金相談

高額医療に関する控除、確定申告、電子申告の活用など、税金に関するご相談を取り扱っております。

刑事事件

刑事事件

告訴や告発、起訴前弁護、保釈、身柄解放などの刑事事件に関するご相談を取り扱っております。

トラブル・申請・法律相談

トラブル・申請・法律相談

身近な法律問題、ビザ取得、交通事故示談、医療ミスなど、法律問題全般のご相談を取り扱っております。

高齢者向け

高齢者向け

老後の資産運用やシニアライフ、相続や遺言手続き、成年後見制度など、高齢者向けのご相談を取り扱っております。

経営課題

経営課題

株式上場や経営改革、M&A、事業譲渡や倒産処理など、経営に関するご相談を取り扱っております。

行政手続き

行政手続き

各種許認可の申請や手続き、車庫証明取得、ビザ取得など、行政手続きに関するご相談を取り扱っております。

契約書

契約書

取引契約書の確認や企業間契約書の作成、契約トラブルなど、契約書に関するご相談を取り扱っております。

登記・申請・許可

登記・申請・許可

会社設立、会社登記、特許取得、補助金申請など、各種登記・申請・許可に関するご相談を取り扱っております。

企業紛争

企業紛争

企業訴訟や税務訴訟、個人情報漏えい、債権回収など、企業紛争に関するご相談を取り扱っております。

税務業務

税務業務

決算処理や記帳代行、給与計算、節税や企業資産税など、税務に関するご相談を取り扱っております。

企業の労務

企業の労務

人事や社会保険削減、労働訴訟、年末調整など、企業労務に関するご相談を取り扱っております。

一覧を見る

※当サイトのご利用にあたって

当サイトは日本法規情報株式会社(以下「当社」といいます。)が運営しております。当サイトに掲載の紹介文、プロフィールなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。また、当サイトのコンテンツを利用された場合、以下の免責事項に同意したものとみなします。

  1. 当サイトには一般的な法律知識や事例に関する情報を掲載しておりますが、これらの掲載情報は制作時点において、一般的な情報提供を目的としたものであり、法律的なアドバイスや個別の事例への適用を行うものではありません。
  2. 当社は、当サイトの情報の正確性の確保、最新情報への更新などに努めておりますが、当サイトの情報内容の正確性についていかなる保証も一切致しません。当サイトの利用により利用者に何らかの損害が生じても、当社の故意又は重過失による場合を除き、当社として一切の責任を負いません。情報の利用については利用者が一切の責任を負うこととします。
  3. 当サイトの情報は、予告なしに変更されることがあります。変更によって利用者に何らかの損害が生じても、当社の故意又は重過失による場合を除き、当社として一切の責任を負いません。
  4. 当サイトに記載の情報、記事、寄稿文・プロフィールなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
  5. 当サイトにおいて不適切な情報や誤った情報を見つけた場合には、お手数ですが、当社のお問い合わせ窓口まで情報をご提供いただけると幸いです。