日本法規情報 株式会社相談窓口案内サービス、日本法規情報

相談サポート通信

自己破産のメリット・デメリット

一覧にもどる

 自己破産は、保有する全ての財産を債権者へ清算することにより、借金の支払い義務を免責される制度です。
ここでは自己破産を行う際に生じるメリットとデメリットをご紹介します。

自己破産のメリット

 自己破産を行う際のメリットとして以下のものがあります。

①免責が認められる

 免責とは、支払いの義務を逃れることが裁判所によって認められる制度です。裁判所は破産管財人の調査や破産申告書、免責審尋をもとに、破産者に対し免責を許可するかを検討します。
 免責は債務自体が消滅する訳ではないですが、債権者が取り立てをできなくなる点で、結果的にすべての債務がなくなります。
 したがって、免責された債務を任意に返済を行うことも可能となります。
 なお、一度免責が行われると原則としてその後7年間は再度の免責を得ることができないので注意しましょう。

 この免責という制度は自己破産にしか存在しないので、債務整理の中で最終手段と考えてもよいでしょう。

免責されない債権もある?

 自己破産において免責が許可されても、すべての債務が免責される訳ではありません。これは破産法253条1項1号から7号に規定されており、これらは「非免責債権」と呼ばれます。
 具体的には
・税金等の請求
・養育費や婚姻費の負担義務
・破産者が悪意で加えた不法行為に基づく損害賠償請求権
・従業員の請求権および従業員の預り金請求権
などが該当します。免責が認められた場合であっても、上記の債権は返済の義務を免れず、支払いを続ける必要があります。

自己破産のデメリット

 自己破産のデメリットとしては以下のものがあります。

①信用登録機関に登録される。

 すべての債務整理に当てはまることですが、いわゆる「ブラックリスト」に登録されます。自己破産において登録された破産者は、10年間クレジットカードの作成や新たにお借り入れができなくなります。
なお、この期間を過ぎれば再度借入等を行うことが可能となります。

②財産を手放す必要がある。

 自己破産は、破産手続と免責手続が存在します。この破産手続において債務者は債権者のために、保有する財産を清算する必要があります。
 その一例として、不動産・自動車・退職金、過払い金等が該当します。
 なお、すべての財産が清算される訳ではありません。破産開始手続決定後でも債権者が差し押さえることができず、破産者が自由に管理・処分できる財産を認めています。
 これを自由財産と呼びます。

 具体的には、99万円までの現金・生活上欠くことのできない家財道具・年金等の差押えが謹慎されている債権等が該当します。
 ただ、この制度はあくまでこ裁判所の判断により認められる可能性があるということを忘れてはいけません。

③資格制限が存在する。

 自己破産には資格制限が存在します。破産手続開始決定から免責許可決定の期間の間、一定の職業に就くことができません。これらの職業は、弁護士・公認会計士や宅建士等の「士業」や、警備員や保険の外交人などが該当します。
 なお、自己破産が終了した際には当然に、これらの就業・資格制限はなくなります。

④免責不許可事由がある。

 自己破産において、免責が認められないケースがあります。借金の原因がギャンブルや遊興費であったり、ローンで購入した品物を転売し、現金化を行う行為も免責不許可事由に該当します。更に、破産管財人に協力をしなかったり、債権者を平等に扱わない場合も、破産手続の妨害と見なされ免責が行われません。

⑤官報に掲載される

 個人再生と同様に、自己破産においても官報に掲載されます。官報には申立人の氏名・住所が掲載されることになります。

まとめ

 以上が自己破産のメリット・デメリットになります。

 一見するとデメリットが多くありますが、それらのデメリットは一時的なものです。また、免責を受けられる点は他の債務整理にはありません。

 しかし、債務整理を考えた際に最初から自己破産を考えるのはお勧めしません。弁護士側も、自己破産は最終手段であると考えているからです。債務整理でお悩みの際は弁護士に相談し、自分に合った方法を見つけてもらいましょう。

SERVICE CATEGORY事業情報

家庭・離婚

家庭・離婚

DVや家庭内暴力、離婚調停、離婚裁判、親権を得たい、といったご相談を取り扱っております。

金銭トラブル

金銭トラブル

金銭トラブル、債務整理、自己破産、過払い金請求など、金銭トラブルに関するご相談を取り扱っております。

詐欺被害

詐欺被害

悪徳商法に遭ってしまった場合や、クーリングオフなど、詐欺被害に関するご相談を取り扱っております。

不動産

不動産

敷金返還請求や不動産トラブル、任意売却、不動産登記など、不動産に関するご相談を取り扱っております。

相続

相続

相続税・贈与税、成年後見制度、遺言書の作成、不動産相続など、相続に関するご相談を取り扱っております。

保険・資産

保険・資産

年金のご相談や資産形成、節税などの税金対策、保険加入など、保険・資産に関するご相談を取り扱っております。

個人の労働問題・トラブル

個人の労働問題・トラブル

労働環境に関するトラブル、残業代請求など、個人の労働問題・トラブルに関するご相談を取り扱っております。

個人の税金相談

個人の税金相談

高額医療に関する控除、確定申告、電子申告の活用など、税金に関するご相談を取り扱っております。

刑事事件

刑事事件

告訴や告発、起訴前弁護、保釈、身柄解放などの刑事事件に関するご相談を取り扱っております。

トラブル・申請・法律相談

トラブル・申請・法律相談

身近な法律問題、ビザ取得、交通事故示談、医療ミスなど、法律問題全般のご相談を取り扱っております。

高齢者向け

高齢者向け

老後の資産運用やシニアライフ、相続や遺言手続き、成年後見制度など、高齢者向けのご相談を取り扱っております。

経営課題

経営課題

株式上場や経営改革、M&A、事業譲渡や倒産処理など、経営に関するご相談を取り扱っております。

行政手続き

行政手続き

各種許認可の申請や手続き、車庫証明取得、ビザ取得など、行政手続きに関するご相談を取り扱っております。

契約書

契約書

取引契約書の確認や企業間契約書の作成、契約トラブルなど、契約書に関するご相談を取り扱っております。

登記・申請・許可

登記・申請・許可

会社設立、会社登記、特許取得、補助金申請など、各種登記・申請・許可に関するご相談を取り扱っております。

企業紛争

企業紛争

企業訴訟や税務訴訟、個人情報漏えい、債権回収など、企業紛争に関するご相談を取り扱っております。

税務業務

税務業務

決算処理や記帳代行、給与計算、節税や企業資産税など、税務に関するご相談を取り扱っております。

企業の労務

企業の労務

人事や社会保険削減、労働訴訟、年末調整など、企業労務に関するご相談を取り扱っております。

一覧を見る

※当サイトのご利用にあたって

当サイトは日本法規情報株式会社(以下「当社」といいます。)が運営しております。当サイトに掲載の紹介文、プロフィールなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。また、当サイトのコンテンツを利用された場合、以下の免責事項に同意したものとみなします。

  1. 当サイトには一般的な法律知識や事例に関する情報を掲載しておりますが、これらの掲載情報は制作時点において、一般的な情報提供を目的としたものであり、法律的なアドバイスや個別の事例への適用を行うものではありません。
  2. 当社は、当サイトの情報の正確性の確保、最新情報への更新などに努めておりますが、当サイトの情報内容の正確性についていかなる保証も一切致しません。当サイトの利用により利用者に何らかの損害が生じても、当社の故意又は重過失による場合を除き、当社として一切の責任を負いません。情報の利用については利用者が一切の責任を負うこととします。
  3. 当サイトの情報は、予告なしに変更されることがあります。変更によって利用者に何らかの損害が生じても、当社の故意又は重過失による場合を除き、当社として一切の責任を負いません。
  4. 当サイトに記載の情報、記事、寄稿文・プロフィールなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
  5. 当サイトにおいて不適切な情報や誤った情報を見つけた場合には、お手数ですが、当社のお問い合わせ窓口まで情報をご提供いただけると幸いです。