アスクプロ株式会社相談窓口案内サービス、日本法規情報

相談サポート通信

基本の遺言の種類

一覧にもどる

 遺言は故人の最後のメッセージですが、財産を人から人へと承継する手続きとなるため、民法で定められたルールがあります。このルールは「遺言書を作成するとき」にも「遺言書を開封して執行するとき」にも適用されるため、遺言に関わる方がそれぞれ注意しておく必要があります。

 今回は、遺言の種類とその手続きについて説明していきます。

・遺言とは

 遺言とは、被相続人(亡くなった方)がご家族に対して行なう人生最期の意思表示ともいわれます。遺言に効力を持たせるには民法に則った形式で遺言を作成する必要がありますが、民法の規定を満たしていれば、自分の考え通りに財産を引き継いでもらうことができます。

・遺言の種類

 遺言にはいくつかの種類がありますが、大きく「普通方式」と「特別方式」に分けられます。それぞれの遺言によって書き方や保管方法が異なるだけでなく、家庭裁判所による検認の有無や、遺言をするにあたっての費用などが変わります。

 ここでは、「普通方式」と「特別方式」のそれぞれについて説明していきます。

〇普通方式

 普通方式とは法律による厳格なルールに沿って行なう遺言方法で、生命の危機などの特別な理由がない限り、一般的にはこちらを用いて遺言を作成します。普通方式は作成方法によって「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」の3種類に分けられ、それぞれに特徴があります。

 

自筆証書遺言とは

 自筆証書遺言は、現在国内で最も利用者数の多い一般的な遺言方法です。初めから終わりまですべてを自筆で行なうのが原則で、パソコンやワープロで作成した遺言は無効となってしまいます。作成にあたって公証人への依頼を必要としないため、費用がかからず、遺言書の内容・存在ともに秘密にすることができるのが利点として挙げられますが、一方で紛失や変造の可能性もあり、本人や遺言執行者は保管に十分に気を付けなければなりません。

 また、自筆証書遺言はすべて遺言者の手によって作成されるため、遺言者が亡くなった後には家庭裁判所による検認手続きが必要になります。検認の際、遺言書に日付の記入漏れや実印が押されていないなどの不備があると無効と判断されることもあるので、不備のない遺言を作成することが重要となります。

 

公正証書遺言とは

 公正証書遺言とは、2人以上の証人の立ち会いのもと、公証役場にて遺言を作成する方法です。遺言書の作成は自筆では行なわず、公証役場に赴き、公証人に遺言内容を口頭で伝えることによってその場で作成してもらいます。手数料などの費用がかかりますが、公証人によって遺言書の存在・内容ともに証明されるため、変造の危険性がなくなるとともに、家庭裁判所による検認手続きが不要となり、万が一、遺言書を紛失した場合にも再発行することができるようになります。

 効力のある遺言書を残すという点では最も安全で確実な遺言方法と言えます。

 

秘密証書遺言とは

 秘密証書遺言とは、自筆で作成した遺言書の存在を、2人以上の証人の立ち会いのもと公証役場で証明してもらう方法です。遺言書の作成方法、保管方法は自筆証書遺言と変わりませんが、公証役場への手数料などを用意して公証役場に赴くことで、遺言の存在を証明してもらうことができます。ただし、その遺言内容までは証明してもらえないので、被相続人の死後発見された遺言書には、家庭裁判所による検認が必要になります。

 したがって、秘密証書遺言は遺言内容をどうしても見られたくない場合に利用することがおすすめです。

 

〇特別方式

 特別方式とは、ある一定の事情によって普通方式での遺言が不可能な場合に、特別に行なう遺言方法のことをいいます。特別方式は被相続人の遺言時の状況によって「危急時遺言」と「隔絶地遺言」の2種類に分けられ、危急時遺言には「一般危急時遺言」と「難船危急時遺言」、隔絶地遺言には「一般隔絶地遺言」と「船舶隔絶地遺言」の2つがそれぞれ存在します。

 

危急時遺言とは

 「危急時遺言」は、被相続人自身に死期が差し迫っているときに利用する遺言方法ですが、その中でも「一般危急時遺言」は、その原因が病気や事故による怪我である場合に利用します。こちらは3人以上の証人を必要とし、1人が代筆した遺言書を他の2人が確認し、作成後20日以内に家庭裁判所で確認手続きをとります。「難船危急時遺言」は船舶や航空機の事故、遭難などにより死期が差し迫ったときに利用するもので、こちらはその状況を鑑みて証人の必要人数を2人、家庭裁判所への確認手続きも遅滞のないように、と規定されるにとどまっています。

 

隔絶地遺言とは

 「隔絶地遺言」は、被相続人のいる場所が隔絶されている場合に利用する遺言方法で、家庭裁判所での確認手続きが不要で、被相続人は自筆で遺言書を作成します。主に伝染病や服役中であるなどの理由で交通を絶たれているときに利用し、警察官と証人を1人ずつ必要とします。また、「船舶隔絶地遺言」は、遭難はしていないが、船舶に乗っているため陸地から離れているときに利用し、同じく船長(事務員)と証人を1人ずつ必要とします。

 特別方式はイレギュラーな遺言方法として利用されますが、被相続人が普通方式での遺言が可能になってから6カ月間経過してしまうと、特別方式での遺言は無効となってしまうので注意する必要があります。

・まとめ

 このように遺言には、「普通方式」と呼ばれる自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言といった一般的な遺言方法から、ある特定の状況下にのみ用いられる危急時遺言、隔絶地遺言などの「特別方式」まで数多くの種類が存在します。

 遺言書の作成を検討している場合には、法的な不備やミスを防止するため、弁護士や司法書士、行政書士、税理士などの専門家に相談して作成することをおすすめします。

SERVICE CATEGORY相談ジャンル

家庭・離婚

家庭・離婚

DVや家庭内暴力、離婚調停、離婚裁判、親権を得たい、といったご相談を取り扱っております。

金銭トラブル

金銭トラブル

金銭トラブル、債務整理、自己破産、過払い金請求など、金銭トラブルに関するご相談を取り扱っております。

詐欺被害

詐欺被害

悪徳商法に遭ってしまった場合や、クーリングオフなど、詐欺被害に関するご相談を取り扱っております。

不動産

不動産

敷金返還請求や不動産トラブル、任意売却、不動産登記など、不動産に関するご相談を取り扱っております。

相続

相続

相続税・贈与税、成年後見制度、遺言書の作成、不動産相続など、相続に関するご相談を取り扱っております。

保険・資産

保険・資産

年金のご相談や資産形成、節税などの税金対策、保険加入など、保険・資産に関するご相談を取り扱っております。

個人の労働問題・トラブル

個人の労働問題・トラブル

労働環境に関するトラブル、残業代請求など、個人の労働問題・トラブルに関するご相談を取り扱っております。

個人の税金相談

個人の税金相談

高額医療に関する控除、確定申告、電子申告の活用など、税金に関するご相談を取り扱っております。

刑事事件

刑事事件

告訴や告発、起訴前弁護、保釈、身柄解放などの刑事事件に関するご相談を取り扱っております。

トラブル・申請・法律相談

トラブル・申請・法律相談

身近な法律問題、ビザ取得、交通事故示談、医療ミスなど、法律問題全般のご相談を取り扱っております。

高齢者向け

高齢者向け

老後の資産運用やシニアライフ、相続や遺言手続き、成年後見制度など、高齢者向けのご相談を取り扱っております。

経営課題

経営課題

株式上場や経営改革、M&A、事業譲渡や倒産処理など、経営に関するご相談を取り扱っております。

行政手続き

行政手続き

各種許認可の申請や手続き、車庫証明取得、ビザ取得など、行政手続きに関するご相談を取り扱っております。

契約書

契約書

取引契約書の確認や企業間契約書の作成、契約トラブルなど、契約書に関するご相談を取り扱っております。

登記・申請・許可

登記・申請・許可

会社設立、会社登記、特許取得、補助金申請など、各種登記・申請・許可に関するご相談を取り扱っております。

企業紛争

企業紛争

企業訴訟や税務訴訟、個人情報漏えい、債権回収など、企業紛争に関するご相談を取り扱っております。

税務業務

税務業務

決算処理や記帳代行、給与計算、節税や企業資産税など、税務に関するご相談を取り扱っております。

企業の労務

企業の労務

人事や社会保険削減、労働訴訟、年末調整など、企業労務に関するご相談を取り扱っております。

一覧を見る

※当サイトのご利用にあたって

当サイトはアスクプロ株式会社(以下「当社」といいます。)が運営しております。当サイトに掲載の紹介文、プロフィールなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。また、当サイトのコンテンツを利用された場合、以下の免責事項に同意したものとみなします。

  1. 当サイトには一般的な法律知識や事例に関する情報を掲載しておりますが、これらの掲載情報は制作時点において、一般的な情報提供を目的としたものであり、法律的なアドバイスや個別の事例への適用を行うものではありません。
  2. 当社は、当サイトの情報の正確性の確保、最新情報への更新などに努めておりますが、当サイトの情報内容の正確性についていかなる保証も一切致しません。当サイトの利用により利用者に何らかの損害が生じても、当社の故意又は重過失による場合を除き、当社として一切の責任を負いません。情報の利用については利用者が一切の責任を負うこととします。
  3. 当サイトの情報は、予告なしに変更されることがあります。変更によって利用者に何らかの損害が生じても、当社の故意又は重過失による場合を除き、当社として一切の責任を負いません。
  4. 当サイトに記載の情報、記事、寄稿文・プロフィールなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
  5. 当サイトにおいて不適切な情報や誤った情報を見つけた場合には、お手数ですが、当社のお問い合わせ窓口まで情報をご提供いただけると幸いです。