アスクプロ株式会社相談窓口案内サービス、日本法規情報

相談サポート通信

定年後の海外移住に関する実態調査。興味がある人は3人に1人、検討を始めている人も10人に1人に。定年後は海外移住というスタイルが本格化する予兆。

一覧にもどる

日本法規情報株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役 今村 愼太郎)(http://www.nlinfo.co.jp/)は、インターネットアンケートを実施し、「海外移住に関するアンケート調査」について発表しました。(日本法規情報株式会社では定期的に法律関連の話題に対して意識調査を行い発表しております)

 近年、テレビや雑誌で「定年後に海外移住をする」という生活スタイルがたびたび紹介されています。

 南国で静かな余生を送ることに憧れる人も少なくないと思われますが、実際に行動に移すとなると様々な懸念をお持ちの方も多いはずです。そんな中、外務省の「海外在留邦人数調査統計」によると、永住者・長期滞在者はともに右肩上がりで、2004年から2014年の10年間で34.2%、実に約33万人も増加しているようです。

 そこで今回は、海外移住・旅行に関する意識調査を行ないました。

 まず、定年後の海外移住に興味があるかどうかを聞いてみました。

 

海外移住に興味のある人は3人に1人に。

あなたは定年後の海外移住に興味はありますか?

 調査の結果、「とても興味がある」「やや興味がある」と答えた人が全体の36%、「あまり興味がない」と答えた人が28%、「全く興味はない」と答えた人が36%という結果になりました。 昔と比べて随分と海外旅行にも行きやすくなり、テレビなどで外国での生活がたびたび紹介されている中、海外移住に興味を持つ人が多いようです。

 しかし、「いまは仕事があり、定年後の生活を具体的に思い描けない」といった理由や、「子供がまだ独立していない」などの理由で、海外移住に興味を持っていても実際に海外移住することを想定できない人も数多くいると思われます。

 次に、定年後の海外移住に「興味がある」と回答した人を対象に、どの程度具体的に検討しているか聞いてみました。

 

興味はある人の中で検討を開始している人は35%。全体でも10%に上る。

【「とても興味がある」「やや興味がある」と答えた方にお聞きします】あなたは定年後、海外移住を検討していますか?

 調査の結果、「既に移住している」と答えた人が1%、「具体的なプランを立てている」と答えた人が1%、「検討している」と答えた人が34%、「興味はあるがするつもりはない」と答えた人が64%という結果になりました。

 先ほどの質問では、「興味がある」と答えた人は全体の3分の1以上に上りました。さらにその中でも、具体的なプランを立てたり、実際に海外移住を検討するという人は35%となり、海外移住に対して具体的なアクションを起こしている人が多く見られます。

 では、「既に移住している」「具体的なプランを立てている」「検討している」と答えた人は、なぜ海外移住を希望しているのでしょうか。その理由について調査しました。

 

海外移住の理由は「海外の静かな環境」「趣味に適した環境」が約半数となり、日本の喧噪から離れたいというニーズが強いという結果。

【「既に移住している」「具体的なプランを立てている」「検討している」と答えた方にお聞きします】定年後の海外移住を検討・実行した理由として最も当てはまるものは何ですか?

 調査の結果、「移住先の静かな環境に惹かれて」と答えた人が33%、「趣味に適した環境だから」と答えた人が18%、「移住先の刺激のある環境に惹かれて」と答えた人が15%、「移住先の土地の「食」が好きだから」と答えた人が9%、「新たな出会いがほしい」と答えた人が8%、「移住先が元々思い入れのある土地だから」と答えた人が6%、「その他」が11%という結果になりました。

 生活に占める仕事の割合が大きいといわれる日本人にとって、おおらかで落ち着きのある海外のイメージは、海外移住を検討する上で大きな魅力となっているようです。

 特に、定年後ともなれば、仕事や子育てなどから解放され、家族でゆっくりと過ごせるため、「日本から離れた土地で悠々自適に過ごしたい」という意見にもうなずける気がします。

 では、逆に海外移住について「興味はあるがするつもりはない」と答えた人は、なぜ興味があるにもかかわらず、海外移住を検討していないのでしょうか。

 「興味はあるがするつもりはない」と答えた人に聞いてみました。

 

「資金」「語学」「治安」が海外移住の3大障壁

【「興味はあるがするつもりはない」と答えた方にお聞きします】定年後の海外移住を検討しない理由は何ですか?

 

 調査の結果、「資金が足りない」と答えた人が30%、「語学力に不安がある」と答えた人が24%、「治安が心配」と答えた人が22%、「現地に知り合いがおらず、不安がある」と答えた人が18%、「すでに日本にコミュニティがある」と答えた人が2%、「興味がない」と答えた人が1%未満、その他と答えた人が3%という結果になりました。

 海外移住の障壁となっているのは「資金」「語学」「治安」が大きな割合を占め、全体のおよそ8割にも及んだことから、海外移住を検討する際に障壁となるのはこの3つであるといっても過言ではないようです。

 今回の調査では、実に3人に1人の割合で海外移住に興味があり、その内10人に1人が検討を始めていることから、定年後の海外移住は身近なものになりつつあることがわかりました。

 一方で、海外移住の障壁としては、「資金」「語学力」「治安」への不安があるようです。

 海外移住のためのセカンドライフの資金形成に関しては、ファイナンシャルプランナーなど専門家の方と相談してみるのも良いでしょう。東南アジア地域は物価が安く、日本では資金が小さくても、現地での生活費が少なくて済むケースも多くあります。また、現地で発生したトラブル対応に関しても、海外トラブルに対応した専門家との連絡手段を確保しておくことで、不安を解消できます。専門家と一緒に海外移住の検討をしてみるのはいかがでしょうか。

 

 

■日本法規情報株式会社について

日本法規情報株式会社は、「どこに相談したら良いか“わからない”を“わかる”に変える」をコンセプトに、様々な相談を解決できる相談パートナーと悩みを抱える相談者の両者を結ぶ接点となるサービスをご提供しております。全国約1000の相談パートナーと月間約1万件の対応実績を持ち多くの相談者の悩みの解決の一助となっております。  

 

■相談者調査レポート 関連サイト

国際離婚・国際男女トラブル相談サポート
https://www.soudan-form.com/internationaldivorce-support/
国際相続相談サポート
https://www.soudan-form.com/kokusaisouzoku-support/
弁護士事務所相談サポート
http://www.bengoshijimusho.com/

 

■問い合わせ先

日本法規情報株式会社 Public Relation部
http://www.nlinfo.co.jp/
pr@nlinfo.co.jp
03-5339-7500

SERVICE CATEGORY相談ジャンル

家庭・離婚

家庭・離婚

DVや家庭内暴力、離婚調停、離婚裁判、親権を得たい、といったご相談を取り扱っております。

金銭トラブル

金銭トラブル

金銭トラブル、債務整理、自己破産、過払い金請求など、金銭トラブルに関するご相談を取り扱っております。

詐欺被害

詐欺被害

悪徳商法に遭ってしまった場合や、クーリングオフなど、詐欺被害に関するご相談を取り扱っております。

不動産

不動産

敷金返還請求や不動産トラブル、任意売却、不動産登記など、不動産に関するご相談を取り扱っております。

相続

相続

相続税・贈与税、成年後見制度、遺言書の作成、不動産相続など、相続に関するご相談を取り扱っております。

保険・資産

保険・資産

年金のご相談や資産形成、節税などの税金対策、保険加入など、保険・資産に関するご相談を取り扱っております。

個人の労働問題・トラブル

個人の労働問題・トラブル

労働環境に関するトラブル、残業代請求など、個人の労働問題・トラブルに関するご相談を取り扱っております。

個人の税金相談

個人の税金相談

高額医療に関する控除、確定申告、電子申告の活用など、税金に関するご相談を取り扱っております。

刑事事件

刑事事件

告訴や告発、起訴前弁護、保釈、身柄解放などの刑事事件に関するご相談を取り扱っております。

トラブル・申請・法律相談

トラブル・申請・法律相談

身近な法律問題、ビザ取得、交通事故示談、医療ミスなど、法律問題全般のご相談を取り扱っております。

高齢者向け

高齢者向け

老後の資産運用やシニアライフ、相続や遺言手続き、成年後見制度など、高齢者向けのご相談を取り扱っております。

経営課題

経営課題

株式上場や経営改革、M&A、事業譲渡や倒産処理など、経営に関するご相談を取り扱っております。

行政手続き

行政手続き

各種許認可の申請や手続き、車庫証明取得、ビザ取得など、行政手続きに関するご相談を取り扱っております。

契約書

契約書

取引契約書の確認や企業間契約書の作成、契約トラブルなど、契約書に関するご相談を取り扱っております。

登記・申請・許可

登記・申請・許可

会社設立、会社登記、特許取得、補助金申請など、各種登記・申請・許可に関するご相談を取り扱っております。

企業紛争

企業紛争

企業訴訟や税務訴訟、個人情報漏えい、債権回収など、企業紛争に関するご相談を取り扱っております。

税務業務

税務業務

決算処理や記帳代行、給与計算、節税や企業資産税など、税務に関するご相談を取り扱っております。

企業の労務

企業の労務

人事や社会保険削減、労働訴訟、年末調整など、企業労務に関するご相談を取り扱っております。

一覧を見る

※当サイトのご利用にあたって

当サイトはアスクプロ株式会社(以下「当社」といいます。)が運営しております。当サイトに掲載の紹介文、プロフィールなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。また、当サイトのコンテンツを利用された場合、以下の免責事項に同意したものとみなします。

  1. 当サイトには一般的な法律知識や事例に関する情報を掲載しておりますが、これらの掲載情報は制作時点において、一般的な情報提供を目的としたものであり、法律的なアドバイスや個別の事例への適用を行うものではありません。
  2. 当社は、当サイトの情報の正確性の確保、最新情報への更新などに努めておりますが、当サイトの情報内容の正確性についていかなる保証も一切致しません。当サイトの利用により利用者に何らかの損害が生じても、当社の故意又は重過失による場合を除き、当社として一切の責任を負いません。情報の利用については利用者が一切の責任を負うこととします。
  3. 当サイトの情報は、予告なしに変更されることがあります。変更によって利用者に何らかの損害が生じても、当社の故意又は重過失による場合を除き、当社として一切の責任を負いません。
  4. 当サイトに記載の情報、記事、寄稿文・プロフィールなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
  5. 当サイトにおいて不適切な情報や誤った情報を見つけた場合には、お手数ですが、当社のお問い合わせ窓口まで情報をご提供いただけると幸いです。