アスクプロ株式会社相談窓口案内サービス、日本法規情報

相談サポート通信

相続の揉めを不安に感じる人は3割ほど相続手続きをスムーズに済ませるなら遺言書が最適!

一覧にもどる

日本法規情報株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役 今村 愼太郎)(http://www.nlinfo.co.jp/)は、インターネットアンケートを実施し、「相続に関するアンケート調査」について発表しました。 (日本法規情報株式会社では定期的に法律関連の話題に対して意識調査を行い発表しております)

 自分や家族が亡くなった時の遺産相続について考えたことはありますか?相続というと難しそうな先入観を持っていたり、金持ちでなければ関係ないと考えてしまったりする人も多いのではないでしょうか。

 しかし、遺産相続の重要性は、いざ自分が関わる立場になってみなくては実感できないものです。亡くなった人に遺産の分配については聞くことが出来ません。あらかじめ親族や自分自身の資産の量を把握して必要な手続きを行なっておくことで、親族間の揉め事を防ぐことが出来ます。

 以前の遺言に関する意識調査に関する記事では、遺言に関する経験と意識の実態を調査し、結果として、遺言作成に関わったことのある人は全体の一割ほどであったものの、何らかの形で相続や遺言に関わりがある人や、そういった人が身近に存在する人は関心が高い傾向にあることが分かりました。関心の高い人がいることで、その周囲にも意識が広まっていくようです。

 そこで、今回は遺言に関しての家族・親族間での意識について調査しました。

 

■家族間で相続について何らかの対策をしている人は全体の2割ほど

質問:ご家庭などで相続に関して取り決めなどの対策を行なったことがありますか?

 調査の結果、家族間で相続に関する対策を行なっている人は、「取り決めを行なっている」と答えた人が4%、「話し合いをしたことはある」と答えた人が17%と、合わせても2割ほどであることが分かりました。

 前回の調査で、約半数の人が「遺言を作る必要がある」と答えていたのに対し、具体的に対策を行なっている人はまだまだ少ないようです。 確かに、相続や遺言に関する知識が少ないまま具体的な対策を家族で話し合うのは難しいかと思われます。しかし、家族で気軽に話し合ってみたり、子供に相続について簡単に教えてみるなど、話を持ち出すだけでも家族内の意識は変わっていくのではないでしょうか。

 また、遺言の必要性を感じている人が半数いる中で、自分の家族・親族の相続についての危機感や意識を調べるために、相続の際に家族・親族が揉めると思うかどうかを聞いてみました。

 

■3割以上の人が「相続で自分の親族が揉める」と予想

質問:「ご自身やご親族が亡くなった際に、ご親族が揉めることになると思いますか?」  

 調査の結果、全体の約3分の1の人が、自分の親族が揉めるだろうと考えていることが分かりました。

 資産の量によっては相続の必要がない場合もありますが、これだけの人が相続について危機感を持っているというのは意外な結果となりました。合わせて、「ご自身の遺言の知識を増やしてみたいと思いますか」という質問を尋ねたところ、68%の人が「思う」と答えていました。身近な面については意識が高い人が多いようです。

 続けて、一体どのような理由で揉めると思うと答えたのかを聞いてみました。

 

■相続財産の分割しにくさが理由となっている人は30%を超えるが、親族間の人間関係や、相続や遺言についての会話の機会の少なさを挙げる人も同程度の割合がある。

質問:【「揉めると思う」と答えた方を対象に】それはなぜですか?  

 調査の結果、「財産が不動産など分割しにくいものだから」と答えた人が32%、「親族間の人間関係に不安を感じているから」と答えた人が28%、「家族で相続や遺言作成について話し合うことが少ないから」と答えた人が27%、「遺言を作成する予定がないから」と答えた人が9%、その他が4%となりました。

 グラフの割合が比較的均等であることから、相続で親族が揉めると考える理由は様々であることが分かりました。実際に、相続問題が長引く理由はグラフで挙げられた理由に加え、他にも様々あります。 株や不動産など、財産が分割しにくいものである場合は、そのままの形で一人の被相続人に与える「現物分割」や、財産を売却してしまい、戻ってきたお金を分割させる「換価分割」に、一人にそのままの形の財産を与え、その人が他の相続人に代償金を支払う「代償分割」などの分割方法があります。

 相続分野のトラブルに詳しい「くくな法律事務所」 置塩 正剛 弁護士からは、「『遺言書』というものについて聞いたことがあっても、『うちは、モメないから大丈夫』という意識でおられる方も多いのではないでしょうか。また、特に親世代がお元気な場合、『なんとなく遺言書の話はしづらい』と思われることも、珍しくありません。しかし、いくら仲のよい家族であっても、絶対にモメないということはありません。 特に、相続人の配偶者その他の関係者が関係してくると、話が単純に進まなくなることがあります。また、親族間でいったん揉め始めてしまうと、感情的な対立が激しくなりがちで、赤の他人同士での揉め事以上に修復が困難な場合が少なくありません。いくらお元気であっても、突然の事故ということもありえますので、子ども世代での万一のモメ事を予防する、という意味でも、できるだけ早期に遺言書を作っておくのがよいと思います。 なお、いったん遺言書を作っても、本人が自分の意思で変更したいと思った場合には、法律が定める方式に従う限り、いつでも変更が可能です。」とのことです。

 早期の対応に加え、法律の様式に沿って作成する手順さえ踏めば確実な遺言を残すことができるので、関係ないと思わずに身近な問題として取り組むべきではないでしょうか。

 しかし、遺言は、書き方を少しでも間違えると違反となり、その法的効力を全く持たないものになってしまいます。遺言の書き方に関して少しでも不安があれば、弁護士などの専門家に相談することがお勧めです。正しい知識を身に着けたプロが、手続きから遺言の作成、申請まで相談者様の手を煩わせることなく代行し、サポートします。

 

調査期間 2016/05/26~2016/06/16
回答者 905人(男性 418人 女性 497人)

 

 

■くくな法律事務所 弁護士 置塩 正剛

住所:東京都千代田区麹町3-10-2 KWレジデンス半蔵門1002号室
電話:03-6256-9051

ご相談者様の「代理人」として、しっかりと交渉致し、遺産分割調停、公正証書遺言の作成を中心に、遺産相続の前後に渡って適切なサポートを行う相談窓口です。

 

■日本法規情報株式会社について

日本法規情報株式会社は、「どこに相談したら良いか“わからない”を“わかる”に変える」をコンセプトに、様々な相談を解決できる相談パートナーと悩みを抱える相談者の両者を結ぶ接点となるサービスをご提供しております。全国約1000の相談パートナーと月間約1万件の対応実績を持ち多くの相談者の悩みの解決の一助となっております。  

 

■相談者調査レポート 関連サイト

法律事務所検索サポート
https://www.soudan-form.com/houritsujimusho-support/
悪徳商法相談サポート
https://www.soudan-form.com/akutokushoho-support/
弁護士事務所検索サポート
https://www.soudan-form.com/bengoshijimusho-support/

 

■問い合わせ先

日本法規情報株式会社 Public Relation Team
http://www.nlinfo.co.jp/
pr@nlinfo.co.jp
03-5339-7500(代表)

SERVICE CATEGORY相談ジャンル

家庭・離婚

家庭・離婚

DVや家庭内暴力、離婚調停、離婚裁判、親権を得たい、といったご相談を取り扱っております。

金銭トラブル

金銭トラブル

金銭トラブル、債務整理、自己破産、過払い金請求など、金銭トラブルに関するご相談を取り扱っております。

詐欺被害

詐欺被害

悪徳商法に遭ってしまった場合や、クーリングオフなど、詐欺被害に関するご相談を取り扱っております。

不動産

不動産

敷金返還請求や不動産トラブル、任意売却、不動産登記など、不動産に関するご相談を取り扱っております。

相続

相続

相続税・贈与税、成年後見制度、遺言書の作成、不動産相続など、相続に関するご相談を取り扱っております。

保険・資産

保険・資産

年金のご相談や資産形成、節税などの税金対策、保険加入など、保険・資産に関するご相談を取り扱っております。

個人の労働問題・トラブル

個人の労働問題・トラブル

労働環境に関するトラブル、残業代請求など、個人の労働問題・トラブルに関するご相談を取り扱っております。

個人の税金相談

個人の税金相談

高額医療に関する控除、確定申告、電子申告の活用など、税金に関するご相談を取り扱っております。

刑事事件

刑事事件

告訴や告発、起訴前弁護、保釈、身柄解放などの刑事事件に関するご相談を取り扱っております。

トラブル・申請・法律相談

トラブル・申請・法律相談

身近な法律問題、ビザ取得、交通事故示談、医療ミスなど、法律問題全般のご相談を取り扱っております。

高齢者向け

高齢者向け

老後の資産運用やシニアライフ、相続や遺言手続き、成年後見制度など、高齢者向けのご相談を取り扱っております。

経営課題

経営課題

株式上場や経営改革、M&A、事業譲渡や倒産処理など、経営に関するご相談を取り扱っております。

行政手続き

行政手続き

各種許認可の申請や手続き、車庫証明取得、ビザ取得など、行政手続きに関するご相談を取り扱っております。

契約書

契約書

取引契約書の確認や企業間契約書の作成、契約トラブルなど、契約書に関するご相談を取り扱っております。

登記・申請・許可

登記・申請・許可

会社設立、会社登記、特許取得、補助金申請など、各種登記・申請・許可に関するご相談を取り扱っております。

企業紛争

企業紛争

企業訴訟や税務訴訟、個人情報漏えい、債権回収など、企業紛争に関するご相談を取り扱っております。

税務業務

税務業務

決算処理や記帳代行、給与計算、節税や企業資産税など、税務に関するご相談を取り扱っております。

企業の労務

企業の労務

人事や社会保険削減、労働訴訟、年末調整など、企業労務に関するご相談を取り扱っております。

一覧を見る

※当サイトのご利用にあたって

当サイトはアスクプロ株式会社(以下「当社」といいます。)が運営しております。当サイトに掲載の紹介文、プロフィールなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。また、当サイトのコンテンツを利用された場合、以下の免責事項に同意したものとみなします。

  1. 当サイトには一般的な法律知識や事例に関する情報を掲載しておりますが、これらの掲載情報は制作時点において、一般的な情報提供を目的としたものであり、法律的なアドバイスや個別の事例への適用を行うものではありません。
  2. 当社は、当サイトの情報の正確性の確保、最新情報への更新などに努めておりますが、当サイトの情報内容の正確性についていかなる保証も一切致しません。当サイトの利用により利用者に何らかの損害が生じても、当社の故意又は重過失による場合を除き、当社として一切の責任を負いません。情報の利用については利用者が一切の責任を負うこととします。
  3. 当サイトの情報は、予告なしに変更されることがあります。変更によって利用者に何らかの損害が生じても、当社の故意又は重過失による場合を除き、当社として一切の責任を負いません。
  4. 当サイトに記載の情報、記事、寄稿文・プロフィールなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。
  5. 当サイトにおいて不適切な情報や誤った情報を見つけた場合には、お手数ですが、当社のお問い合わせ窓口まで情報をご提供いただけると幸いです。